二十八宿

「二十八宿」
はじめは天の赤道に沿って存在する星を目標に季節を正すために考え出されたもので単に天空を二十八等分したものではなく一つ一つの経度幅は不均等なものになっています
二十八宿は月が一周し天をめぐる時に二十八の星座です
各宿の基準となる星を距星(きょせい)と云い一宿(一夜に一宿)ずつ通過するものと考えたもので黄道十二宮が太陽がその宮に入るときを基準に季節を補正したのに対してこの二十八宿は月の宿内の位置から太陽のために観測できない朔月・日・時を計ったり太陽の位置を知って季節を修正したものです
二十八宿が中国からインドに渡り宗教上の理由から牛(ぎゅう)宿が除かれて二十七宿となり唐の時代に宿曜経として中国に逆輸入されたときには本来の科学的・天文学的な二十八宿の意味はなくなり日の方位や吉凶を占うための暦注になりました
二十八宿の起源とは中国とインドの二説があり中国起源が一般的になってます
日本には高松塚古墳の天井にこの二十八宿が描かれておりかなり以前から伝えられてました

+++

現在は二十七宿での判断を掲載する暦本もありこの場合は二十八宿の中の牛を除きその配当法は宿名をその月の朔日の宿名としその宿名から順に毎日の二十七宿が配当され毎年各月の宿名は以下のようになってます

正月:室(しつ)
二月:奎(けい)
三月:胃(い)
四月:畢(ひつ)
五月:参(しん)
六月:鬼(き)
七月:張(ちょう)
八月:角(かく)
九月:氏(てい)
十月:心(しん)
十一月:斗(と)
十二月:虚(きょ)

+++

「二十八宿の場合の配当法」
年は二十八年・月は二十八月・日は二十八日と周期にして年・月・日の別々に順番に循環させます
各星宿は東→北→西→南と数えます
青龍(東方)・玄武(北方)・白虎(西方)・朱雀(南方)の四宮としてそれぞれ(東・北・西・南)に七宿づつ配します

+++

二十八宿と星座名および吉凶の概略は以下のようになります

●東方七宿「青龍」

角(かく):おとめ座α(すぼし)
祭祀・棟上げ・婚姻・普請・衣類仕立て・着初め・醸造火入れ・旅立ちなどすべて進むことに吉
葬式は忌む(凶)

亢(こう):おとめ座κ(あみぼし)
婚礼・物品の購入・衣類の裁ち初め・結納・種まきには吉
普請・造作は凶

氏(てい):てんびん座α(ともぼし)
婚姻・開店・醸造初め・種まきには吉
新規の事には手を出さぬが無事

房(ぼう):さそり座π(そいぼし)
婚姻・旅行・移転・不動産の取得・地鋲・棟上げ・衣類の仕立て・新規事の開始すべてに吉

心(しん):さそり座σ(なかごぼし)
神事の祭祀・旅行・移転に書・婚姻・普請・建築には凶
葬送は特に忌む(大凶)

尾(び):さそり座μ1(あしたれぼし)
婚姻・造作・開店・移転・旅立ち・新規事の着手に吉
衣類の仕立て・着初めは凶

箕(き):いて座γ(みぼし)
衣類裁ち・物品の仕入れ・造作初め・開店・開業には吉
衣類の着初めには用いぬほうがよい日
葬儀は凶

●北方七宿「玄武」

斗(と):いて座ψ(ひつきぼし)
造作・井戸掘り・竃作り・動土・普請・種まき・婚姻・新規事の開始に吉
他は凶

牛(ぎゆう):やぎ座β(いなみぼし)二十七宿はこの牛を除く
神仏への参詣・供養に吉
とくに正午までは盛運だが午後は運気下降する日

女(じょ):みずがめ座ε(うるきぼし)
種まき・稽古初め・芸事は大吉
造作・移転・開店・婚姻・訴訟には用いることは凶
葬儀は大凶

虚(きょ):みずがめ座β(とみてぼし)
万事に労して功無く骨折り損を招く鳴かず飛ばずで好転を待つがよい日
学問始め・衣類・裁ち・仕立てには吉
相談事・造作・積極的行動には凶

危(き):みずがめ座α(うみやめぼし)
酒造り・船造り・かまど造り・家造り・旅行は吉
衣類仕立て着初めは凶

室(しつ):ペガサス座α(はついぼし)
神仏の祭祀・婚姻・新築・改築・祝い事すべてに吉
葬送、仏事は凶

壁(へき):ペガサス座γ(やまめぼし)
新築・移転・婚姻・旅立ち・土地購入・衣類着初め・種まき・不祝儀もすべて吉

●西方七宿「白虎」

奎(けい):アンドロメダ座ζ(とかきぼし)
柱立て・棟上げ・樹木植え替え・井戸掘り・開店・神仏祭祀・婚姻など万事に吉

婁(ろう):おひつじ座β(たたらぼし)
普請・動土・造作・婚姻・移転・開業・衣類裁ちに吉
訴訟事は急いだ方が有利

胃(い):おひつじ座35番(えきえぼし)
開店・婚姻・公事に関わることは吉
私事にかたより過ぎる事は凶
葬送に用いれば不幸さらに重なり凶日

昂(ぼう):おうし座17番(すばる)
神仏参詣・祝い事・婚姻・新規事業に吉
何事も宿願達成の大吉日で何事に用いても吉だが葬儀にだけは不可

畢(ひつ):おうし座ε(あめふりぼし)
神仏の祭祀・棟上げ・婚姻・移転・造作に吉
不動産売買で巨利を得る日だが訴訟事は急がぬ方が有利

觜(し):オリオン座ψ1(とろきぼし)
芸事・仕事始め・学問・稽古初めに吉
造作・衣類の仕立て・着初めは凶

参(しん):オリオン座δ(からすきぼし)
婚姻・物品の仕入れ・祝い事・準止ちに竜入学・就職にも良い日だが葬儀には用いぬ方がよい

●南方七宿「朱雀」

井(せい):ふたご座μ(ちちりぼし)
婚姻・神仏参詣・種まき・普請・造作・動土に吉
衣類裁ち・不祝儀は凶

鬼(き):かに座θ(たまおのぼし)
二十八宿中の最大吉日で祝い事・その他すべてに吉だが急がぬ旅行は控えた方がよい日
普請・造作には怪我に用心

柳(りゆう):うみへび座δ(ぬりこぼし)
結納の取り交わしにはよいが婚礼は避けたい日
旅行は吉だが葬儀は不幸が重なる大凶日
造作も凶

星(せい):うみへび座α(ほとおりぼし)
神仏の祭祀は吉
諸事争いがちの日であり何事も控えて手を出さぬが賢明
婚姻・葬儀・種まきは凶

張(ちょう):うみへび座ν1(ちりこぼし)
神仏の祭祀・入学・就職・婚姻ほか何事にも吉
蚕の掃き立てには特に佳日

翼(よく):コップ座α(たすきぼし)
耕作・種まき・樹木の植え替え・旅行に吉だがその他は控えて無事
万事に用心が肝要の日
葬儀は凶

軫(しん):からす座γ(みつかけぼし)
棟上げ・地鎮祭・耕作・婚姻・移転・旅立ちに吉
不動産の売買は急いで利のある日

+++

暦書によってはこの吉凶の解釈が相違している場合がありますがどの暦書でも一致しているのは鬼宿の大吉祥運で牛宿の吉祥運で房宿・壁宿・奎宿・婁宿・張宿は吉運としてます
日本での二十八宿は高松塚古墳の記録では空海が中国から持ち帰ったとされる宿曜経に拠るとされています
宿曜経の宿は二十八宿であり曜は七曜を云い七曜・十二宮・二十八宿と生まれた日の関係によって運命を占うものです
七曜とは七曜星で日・月と木星・火星・土星・金星・水星のことであり現在では一週間の曜日として定着していますがもともとは吉凶の判断に使われていました

+++

「曜日と宿の組み合せ」

日曜:虚・昴・星・房
この日は万事良し
財宝に縁あり
信心によいが家造り普請に悪し

月曜:危・畢・張・心
万事良し
不信心の者は火難水難にあうことあり
婚姻・出行に悪し

火曜:室・觜・翼・尾
旅立ち万事悪しくつつしみて良し

水曜:壁・参・軫・箕
信心の者は内か外に喜び事あり
ただし水辺を慎むこと

木曜:奎・井・角・斗
万事良し
小難は消え大難は小難に変わる
ただし切ることは忌むべし

金曜:婁・鬼・亢・牛
万事凶
口舌・口論・刃物の怪我あり慎むべし
災難の来る日なり

土曜:胃・柳・氏・女
口舌事あり公事訴訟事は損することあり
井戸掘り・カマド造りは吉
婚礼は悪し

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します