「方位|方角の神々」


古来より旧暦の方位には十二支が使われます
北を子として時計回りに配置し北東・南東・南西・北西の方角は十二支の中間となりそれぞれ丑寅(うしとら=艮)・辰巳(たつみ=巽)・未申(ひつじさる=坤)・戌亥(いぬい=乾)と云います

方位|方角の神々

「暦の八将神」
陰陽道の神で方位の吉凶を司る八神の総称であり八将軍とも云います
一般伝承では牛頭天王の八王子と云われその母は牛頭天王の妃で娑竭羅龍王(しゃかつらりゅうおう)の娘の頗梨采女(はりさいじょ)とされ牛頭天王が須佐之男尊と同一視されることからその妃の櫛稲田姫を母と云われてます

旧暦には八将神(8人の神様)がその年はどちらの方角にいるのかを示してます

<八将神の所在方位>
年の支:子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
太歳神:子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・成・亥
大将軍:酉・酉・子・子・子・卯・卯・卯・午・午・午・酉
大陰神:戌・亥・子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉
歳刑神:卯・戌・巳・子・辰・申・午・丑・寅・酉・未・亥
歳破神:午・未・申・酉・戌・亥・子・丑・寅・卯・辰・巳
歳殺神:未・辰・丑・戌・未・辰・丑・戌・未・辰・丑・戌
黄幡神:辰・丑・戌・末・辰・丑・戌・末・辰・丑・戌・未
豹尾神:戌・未・辰・丑・戌・未・辰・丑・戌・未・辰・丑

+++

「太歳神(たいさい)」
木星(歳星:別称-だいざい)の精と称されていて四季の万物の生成を皆つかさどる吉神とされ太さいねの方此方にむかひて万よし但木をきらすなどと記されていて太歳神はその年の十二支の方角と同方位に位置してその方角を吉方とし丑年は丑方に寅年は寅方に在泊してその一年をつかさどります
家屋建築・普請・造作・移転・商取引・結婚・社員従業員の雇用など建設的事業には吉とされますが木星は木の性であるところから太歳神の方向に向かって樹木を伐ったり草刈りをすることは忌み禁じられ掛合いごと・談判・とりこわしなど破壊的なことは凶となります
ただし植付けなど物を殖することは大吉と云われます

+++

「大将軍(たいしょうぐん・だいしょうぐん)」
太白星(金星:別称-だいせう)の精で魔王天王・方伯神と云われ軍人の神様で氣性が強く金性だから万物を殺伐するという大凶神です
此方三年ふさがりなどと書かれているように三年同じ方位にとどまって動かないので一般では三年ふさがりと称されて忌まれてます
この方位に向かって土を動かすこと(井戸掘り・かま塗り)・普請・移転・嫁取り・造作・旅行などをすると病難怪我などの災難をこうむるとされ大将軍には遊行日があります

「大将軍の遊行日」
春:甲子~戊辰までの五日間:東
夏:丙子~庚辰までの五日間:南
秋:庚子~甲辰までの五日間:西
冬:壬子~丙辰までの五日間:北
土用:戊子~壬辰までの五日間:中央(家内のこと)

+++

「太陰神(だいおん)」
鎮星(土星:別称-だいおん)の精であり太歳神の皇妃と云われ太歳神の方角を三年あとに付き従って変化します
学問・芸術に関することはよいがこの凶神はその年の陰事をつかさどるといわれこの方位へ向かっての縁談・出産などすべて女性に関したことを忌むとされます

+++

「歳刑神(さいぎょう・さいけい)」
水星の精(別称-さいけう)であり殺罰をつかさどる凶神でこの神がいる方位に向かって種まき・伐木・土を動かすことなどは凶とされこの方位に向かって破壊的事業を営なむことは吉ともされます

+++

「歳破神(さいは)」
土星の精(別称-さいば)で大耗とも云われ方殺の歳破と同じです
常に太歳神の反対側に位置しこの方位に向かっての普請・造作・土を起こすこと・移転・結婚・旅行・畜類を求めることなどは忌むべきこととされこれを犯すとその家の主人に盗難などの崇りがあるなどと云い伝えられています

+++

「歳殺神(さいさつ・さいせつ)」
太白星(金星:別称-さいせつ)の精で殺氣をつかさどり万物を滅する凶神でこの神の位置する方位に向かっての結婚・出産・建築・旅行・金談は忌むべきこととされていてこれを犯せば子孫六畜を傷つくと云われてます

+++

「黄幡神(おうばん)」
月日の光をおおって食を起こすと云われる想像上の羅喉星(別称- わうばん)の精で土をつかさどる凶神で摩利支天王とも云い黄幡神の位置する方位に向かっての建築・移転・門造り・井戸掘りは凶ですが武芸始め(弓始め)にはこの方角に向かって射れば吉とされています

+++

「豹尾(ひょうび)」
想像上の計都星(別称-へうび)の精で黄幡神と反対の方角に位置し両手に日月をささげ忿怒の相を備え不浄を嫌うとされこの神の位置する方位に向かっての大小便をしたりまたは牛馬の家畜類を求めることは凶とされています

+++

「歳徳神(としとくじん)」
歳徳神とはその年の福徳をつかさどる吉神で略して昔は年徳・歳神または正月さまとしとくさまなどと呼ばれ広く民衆に崇められていました
歳徳神の在位する方位はその年の十干によって決まりこの方位を明(あき)の方・吉方(恵方)とも云い万事に吉とされる大吉祥の方位です。
お正月にはその年の恵方の方向の神社仏閣へお参りに出かけ米・塩・おさい銭などをあげ一年の吉福を祈る恵方参りやこの吉神を家内へ招き入れるために家に歳徳棚をこしらえていろいろなお供物をあげるという行事や習慣もあります
歳徳神はその本人の本命星と一致するときはとくに大吉とされ歳徳神の在位する方位を選んで家屋の建築・普請・造作・結婚・移転・旅行・商取引などを行えばすべて吉とされます
ただし金神などの凶神と同じに位置している場合は凶災を被ることもあると説かれています

「歳徳神の方位」
甲・己の年:甲(寅と卯の間)の方位
乙・庚の年:庚(申と酉の間)の方位
丙・辛の年:丙(巳と午の間)の方位
丁・壬の年:壬(亥と子の間)の方位
戌・癸の年:丙(巳と午の間)の方位

+++

「歳禄神(さいろくじん)」
歳禄神とは吉方位の一つでその年の天干の十二支の座方に位置してその一年間の富福をつかさどると云われてます
この方位に向かっての旅行・普請・土を動かすこと・結婚・開店・商取引・相談ごとなどはすべて成就して大成功をおさめる吉方位です

+++

「歳枝徳」
歳枝徳とは吉方位の一つで太歳神の方位より五年先の十二支の方位に配されます
この吉神は災いを救い弱きを助けると云われてます

+++

「歳徳合」
歳徳合とは吉方位の一つで万事に吉で忌むことがないと云われてます
歳徳神の陽(剛)に対して歳徳合は陰(柔)で内輪の事柄に対して吉であると説かれま歳徳合の方位はその年によって変わります

甲・己の年:巳の方角
乙・庚の年:乙(卯と辰の間)の方角
丙・辛の年:辛(酉と戌の間)の方角
丁・壬の年:丁(午と未の間)の方角
戊・癸の年:癸(子と丑の間)の方角

+++

「天徳神」
火の神(陽神)で吉方位の一つです
相互に調和して万物の育成に徳があり吉祥慶福の吉神であるとされ出産後に胞衣(えな:胎盤など)を納める吉日とされ人々の信仰を集めました
建築・移転などにも吉とされ六大方殺以外の凶神ならばどの凶神と重なっても吉であるとされてます

正月:丁(午と未の間)
二月:坤(未と申の間)
三月:壬(亥と子の間)
四月:辛(酉と戌の間)
五月:乾(戌と亥の間)
六月:艮(丑と寅の間)
七月:癸(子と丑の間)
八月:艮(丑と寅の間)
九月:丙(巳と午の間)
十月:乙(卯と辰の間)
十一月:巽(辰と巳の間)
十二月:庚(申と酉の間)

+++

「金神」
歳徳神の正反対の方位に在るのが金神という凶神で戦争・大水などをつかさどると云われてます
金神は太白星(金星)の精で金神の方位は金の精が重なるため物心すべて冷酷無残となり極めてよくない方角とされて昔は鬼門以上に忌み嫌われ人々に恐れられ金神のいる方角に対して土木を起こし・旅行・移転・嫁取りなどを厳しく忌むとされています
金神七殺(ななさつ)などと云いこれを犯せば家族七人を殺しその家に七人いなければ隣りの家の住人まで殺すると云われ金神避よけと云うものを万事につけて金神の方向を避けていたと云われてます
古代中国においてはこれほどまでの大凶神ではなく金神の方角に向かって城・宮殿・池・庭園などを造ることを凶としその方向へ出兵すれば必ず負けるとされて金神はその年の十干によって所在方位が異なります

甲と己の年:午・未・申・酉の四方位
乙と庚の年:辰・巳の二方位
丙と辛の年:子・丑・寅・卯・午・未の六方位
丁と壬の年:寅・卯・戌・亥の四方位
戊と癸の年:子・丑・申・酉の四方位

「金神の遊行日」
春:乙卯の日より五日間:東
夏:丙午の日より五日間:南
秋:辛酉の日より五日間:西
冬:壬子の日より五日間:北

通年:甲寅の日より五日間:南
通年:丙寅の日より五日間:西
通年:戊寅の日より五日間:中央(家内のこと)
通年:庚寅の日より五日間:北
通年:壬寅の日より五日間:東

+++

「鬼門」
東北の方角(艮)のことで陰陽道では鬼が出入りする不吉な方角として万事に忌み嫌われ鬼方とも云います
鬼門は中国の古い山海経にある物語がもとになり中国では鬼門は問題にもされませんでした
江戸時代の略暦には鬼門方向(鬼門角)に向けての造作・移徒(引っ越し)は忌むべしと記されていましたので昔の人は家の東北の方角に鬼門除けといわれる神仏を祀ったり(猿など)桃の木を植えたりして鬼が家の中へ出入りしないように心がけていました
今日でも家の鬼門にあたる方角に対しては門戸を設け土蔵を建てることを避けておりまた水屋・便所・湯殿などを置くことも忌み嫌う風習が残っていてます
江戸では鬼門に上野寛永寺
京都では鬼門に比叡山延暦寺
鬼門と反対の南西(坤)を「裏鬼門」と称しこの方角も忌み嫌われますが鬼門ほど強烈ではなく鬼門は他の方位神などと違い年によって変化せず常に東北の方角になります

+++

「白虎」
姫金神と同格の凶方で白虎神とも書き毎年その方角を変え殺伐の気が盛んでこの方位に向かっての普請・土を動かすことなどは忌むべきだとされます
白虎は血の神で婦人の産事をつかさどることでも知られてます

+++

「日遊神」
日遊神は凶方位の一つで天一神が天に昇っている間にそれに代わって地上に降りてきて人家に滞在すると云われてます
不浄を嫌うと云われこの神のいる期間は家内特に便所・台所を清潔にしておかないと日遊神の崇りがあると云われてます

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します