伝説の神島|冠島(男島)・沓島(女島)

冠島(男島)・沓島(女島)

京都府舞鶴市の若狭湾内に浮かぶ冠島(かんむりじま)それより北へ2キロ先に浮かぶ沓島(くつじま)この2つの島をあわせて常世島と云います

冠島(かんむりじま/オシマ・ヲシマ)
別称:大島・男島・雄島
地図→|こちら

沓島(くつじま/メシマ)
別称:小島・女島・雌島
地図→|こちら

続日本紀には大寶元年三月に丹波國地震三日と記されてあり大宝元年3月に京都府北部の丹後地方での大地震の記録があります

丹後風土記には大宝元年(701年)に起きた大地震で凡海郷(おおしあまのさと)の大地が一夜にして陥没し海となりその高山の二峰と立神岩だけが海上に残ったと云う記録があります
これが現在の冠島(男島)・沓島(女島)です

この2つの島に海部直(あまべのあたえ)と凡海連(おほしあまのむらじ)によって天火明命(アメノホアカリ)と日子郎女神(ヒコイラツメノカミ))を斎き祀ると伝えられてます

凡海郷とは丹後風土記には大穴持(オオナムチ)・少彦名(スクナヒコ)の二神がこの地に来られ小さい島を寄せ集めて大地を拵えたと記されてます

冠島(男島):天火明命(市杵嶋姫)
沓島(女島):日子郎女神(彦火明神)

海部氏勘注系図には海部直と凡海連は同族であることが記されていて天火明命と日子郎女神は海部直と凡海連の祖神です

海部直:籠神社の宮司家の祖

》海部氏系図|関連書籍一覧
→|こちら

伝説によると冠島と沓島との間の海底には龍宮があると云われ実際に海底を調査した記録映像には太古の階段の跡のようなものがあります
その他に舞鶴地域には三浜丸山古墳・三浜遺跡・アンジャ島遺跡・小橋古墳など海に関わる伝承や遺跡が数多く集中しています
現在でも雄島(老人嶋)参りとして受け継がれ大浦半島の野原・小橋・三浜をはじめ広く若狭や丹後地域から海上安全や大漁などを祈願する参拝が行われています

》舞鶴|旅の情報
→|こちら

+++

日本書紀・風土記・万葉集には浦島太郎は蓬莱に行ったと記されます
浦島太郎は丹後の宇良神社に祀られています

古事記・日本書紀には彦火明命は蓬莱に行ったと記されています
彦火明命は丹後の籠神社に祀られています

史記の秦始皇本記には紀元前20年頃に薺の徐福が東方の三神山・蓬莱・方丈・瀛洲を目指して船団を組み五穀の種子と農耕器具・百工そして童男童女をたずさえて船団を率いて船出したと記されています
徐福一行は丹後の新井崎神社に祀られています

浦島太郎:浦嶋神社(宇良神社/浦島神社)
彦火明命(天火明命):籠神社
徐福一行:新井崎神社

丹後半島にある三つの神社がいずれも蓬莱山というキーワードで結ばれてます

蓬莱山=常世
蓬莱山=上立神岩=おのころ島=天之御柱

兵庫県南あわじ市沼島の上立神岩には古事記の伊邪那岐と伊邪那美の二神による国生みの際に建てたおのころ島の天之御柱と云う伝承があります
南あわじ市には自凝(おのころ)神社や伊奘諾(いざなぎ)神宮が鎮座してます

兵庫県南あわじ市沼島の上立神岩は中央構造線のほぼライン上にあります
中央構造線は茨城県から四国を横断して熊本県へと達する日本最大の活断層です
この上立神岩は三波川変成帯に属する変成岩であり太平洋プレートがユーラシアプレートに沈み込んだ際に変成されたプレートテクニクスの産物です

立神岩と云う名の岩礁は日本全国で30箇所以上あります
沖縄県・奄美大島諸島・トカラ列島・大隅諸島へと琉球弧から九州にかけて数多く集中的に存在しています
これは黒潮ルートと関係があります

+++

「立神岩のルート」

黒潮ルートは琉球弧(与那国島の立神岩→久米島の立神→与路島→加計呂麻島→奄美大島→宝→臥蛇島→中之島→口之島→屋久島→口永良部島→黒島→硫黄島→竹島)に沿って奄美大島と屋久島の間で太平洋側へ向かう潮流と九州北西の対馬海峡に向かう対馬海流の潮流とに分かれます

黒潮ルートは日本海側に向かえば鹿児島県枕崎市の立神岩を配して長崎五島列島の福江島を通り京都府舞鶴市の若狭湾内に浮かぶ冠島の立神岩へと辿ります

黒潮ルートは太平洋側に向かえば薩摩半島・大隈半島を回り込み宮崎県沿岸を過ぎて瀬戸内海の愛媛県佐田岬の付け根を挟んだ一対の立神岩へそしてその先の兵庫県南あわじ市沼島の上立神岩へと辿ります

+++

九月九日は菊の節句です
九月八日はこれに先立つこと一日であり何事も世の中に先端を切り来たらんとする事を前つ前つに覚って実行します
これを九月八日の仕組と云います

尊き厳の神業は
九月八日の秋の空
澄み渡りたる明かさ
手に取る如く思はれぬ
あゝ惟神々々
御霊幸はへましまして
経と緯との機織の
錦の宮の神柱
玉照彦の美はしく
玉照姫のいと清き
厳の御霊は天地に
輝き渡り紅葉の
赤き心は葦原の
瑞穂の国に隈もなく
伊照り渡らす尊さよ

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します