「高千穂と高族天狗|猿田彦大神」


志賀高穴穂朝の志賀高穴穂と云うのは鹿児島県の中の地名に対する当て字です

志賀高穴穂=鹿児ケ千穂

志賀:鹿→シカ
高 :児→コ
穴 :ケ千→ケチ
穂 :穂→ホ

さらに穴の千→チと表音文字すると鹿高千穂となり現在の鹿児島神宮近辺が古代高千穂宮跡となります
景行天皇に書かれた近江の国と鹿児島湾の別名の錦江湾の名は近江と同じ漢音でキンコウ=近江=錦江になります

鹿児島湾=キンコウ湾

+++

鹿児之国(しま)が後世にカゴシマと呼ばれるようになってから鹿児島と書かれるようになりました
千穂も狗奴国王の位宮(イキュウ)らの都跡より高族を意味する高を冠して高千穂と呼ばれました

滋賀県の近江は天智天皇が都を開いたとき以後のもので鹿=志賀と云う地名もそのキンコウの名と一緒に移動されました

キン・コウは琉球・高族と云う意味であり大隅国の発音です

キンコウのキンは琉球ではチンまたはティンであり天智天皇=天命開別の天と同じです

滋賀県中西部の大津市の比良(ヒラ)=鹿児島県指宿市開聞十町の枚聞(ヒラキキ)はいずれも開(ヒラ)であり新羅の意です

天:琉球では大天はウチナと云いウチナーとは沖縄の意です
命:琉球ではミーと云い旁国の弥奴国のミーです
開:上記の通りです
別:琉球ではビチと云い大隅国の日木(ビキ)→ビコ→彦の当て字です

琉球のティン・グは天狗と云う当て字です
滋賀県大津市坂本の日吉神社の主祭神は猿田彦大神であり天狗そのものです

猿田彦大神は比良夫貝(ひらぶがひ)と云う貝にその手をくい合わされて海水中に沈み溺れ死に乗船の柁(かじ)だけが鹿児島県加治木町へ戻り着き芽がでて大木になりました
柁が木になった町により加治木だと云う地名説話が加治木故老物語と云う文献に記されてます

高族とは中近東出身の鼻の高い人々であり琉球経由で後に来たギリシャ系の人々の濃厚な血も混じってます
天狗の面の容貌はインドネシア彫刻の大きな影響で極端過ぎていますが私たちの祖先の史実を伝えてます

高族天狗=猿田彦

+++

近江がオーミと発音されるのはそこが天武天皇に占領されて天皇の本名である大海皇子の大海と呼ばれてその発音が大海(オーミ)と呼ばれていたので近江と云う漢字には特殊な発音でオーミと発音されることになりました

大海(オーアマ)・淡(オー・オホ)・海(ミ・アマ)とはすべて天武天皇の直系です
淡海三船(アフミノミフネ・オーミノミフネ)の新しい姓を生んだことから故郷(出身地)が神話の淡島=奄美大島です

海は琉球語のウフ=大+ビー=水が大隅国語でウミと変化したものです

水はインド語でアクァ=アカと呼ばれていて南の色=赤(アカ)の日本語の発音と一致します
南をアカと発音することとは古代ギリシャの南方地域をアカイヤと呼んだこととも一致します

天狗=赤

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します