「穂積臣と熊野神|瀬織律姫(セオリツヒメ)」


穂積臣とは物部氏・采女氏と同族とされ饒速日命の後裔の大木別垂根命(おおきわけたるねのみこと)の子の真津(まつ)が穂積姓を賜ったと云う伝承を持ち姓は臣であたっと伝えられてます
さらには饒速日命の後裔の鬱色雄命(うつしこおのみこと)を祖とする別の伝承も伝わってます

「穂積臣一族」
継体朝に百済への使者となりまた任那に駐在したとされる押山
大化元年(645年)東国国司に任命された咋
壬申の乱で近江方の武将であった百足(ももたり)・五百枝(いおえ)の兄弟
奈良時代の官人老人の老

饒速日命

宇麻志麻治命

彦湯支命

意富禰命

出石心大臣命

大矢口宿禰
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┓
大綜杵   鬱色雄命   大峰大尼命

伊香色雄命
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┓
大水口宿禰 物部連大新河 物部連十市根

建忍山宿禰命

大木別垂根命

穂積臣真津

+++

日本を代表する姓である鈴木姓の多くが穂積姓の末裔と伝えられてます
穂積臣が岩手県鬼首山(室根山)に熊野神の瀬織律姫(セオリツヒメ)を奉戴して移住したことで岩手県や宮城県に鈴木姓が広がったと云われてます

第七代皇霊天皇の頃に秦の徐福が始皇帝の命を受けて不老長寿の神薬を求めて熊野に来り蓬莱山の麓に住み捕鯨・製紙・造船等を導き里人の敬慕するところとなりこの地に奉祀された

王子晋(おうじしん)を権現とすることからも中国の女神が熊野神だったとも云われてます

+++

「室根神社」
岩手県一関市室根町折壁室根山
》地図→|こちら
本宮と新宮があり室根山(岩手県一関市)は日本武尊が鬼退治をしたとの伝承から鬼首(おにこうべ)山と呼ばれていたが本宮を勧請後は牟婁峯山(むろみねやま)に改名し安元元年(1175年)に室根山と改めたと伝えられてます

本宮は養老二年(718年)
鎮守府将軍の大野東人が元正天皇の勅命を受け蝦夷降伏の祈願所として紀州本宮村の熊野神を勧請

新宮は正和二年(1313年)
陸奥守護職の葛西清信が奥羽七郡(磐井・江刺・胆沢・気仙・本吉・登米・牝鹿)の鎮守として紀州新宮村から熊野神社の神霊を勧請

+++

「舞根神社(瀬織津姫神社)」
宮城県気仙沼市唐桑町東舞根
》地図→|こちら
多賀城にいた鎮守府将軍の大野東人は白馬17騎の諸郷主を召集してこの神輿を出迎え勅使から天皇の勅書を受けた後に神輿に御供してきた公卿の宿所をつくり神主に命じて塩で御供え物を清め釜を据え湯の花を捧げてどこの地に神様を祀るか神意を伺ったところ磐井郡鬼首山(後の室根山)は往古の日本武尊が鬼神を征服し始めて皇業が行われた地なので「この峯に鎮座して天下長久を守り人民を利益せよ」とお告げがあったと伝えられてます

+++

室根山の伝承には紀州から唐桑に渡ってきた熊野本宮の神を最初に祀ったのは舞根神社(瀬織津姫神社)と記されてます
しかし唐桑鎮座の伝承には舞根神社(瀬織津姫神社)は2番目の仮宮と記されてます
上陸地は「本吉郡唐桑村細浦(気仙沼市唐桑町鮪立)」と記されてあり鯖立に鎮座するのは業除神社です

「業除権現神社由緒書」
業除権現神社は
今から千弐百八拾八年前
人皇拾壱代元正天皇は東北地方開発の為
従三位鈴木左ヱ門尉重義命じて
尊崇厚き熊野本宮の神霊を奉持させ東下させた
時は養老弐年四月で同勢百余名が海を渡り五ヶ月間にて
唐桑細浦
現在の唐桑鮪立に到着
最初に神霊を安置したのは当業除権現神社である
次に舞根の瀬織津姫神社
気仙沼に至ては熊野神社と
奥地に分け入りて二十日後に落ち着いたのが室根神社である
これがため
これらの神社の祭神は熊野権現神社であり
これが由来しって
室根神社大祭の前日には鮪立と舞根から海水を持参して神器
清める習慣があった
今も続き居る事は
熊野神社本宮の由緒書にも記載されてあると言う
地方伝承
室根山縁起と一致する事
間違えなき史実なる直を
神霊は海を渡り来るものなれば
漁夫の守り神と致し崇拝致すべきものなり
以上は昭和三十七年九月九日
佐々木萬兵衛氏由来書を元に記す

+++

「日本書紀」
日本武尊は景行天皇の勅命で蝦夷征伐に出発しました
伊勢神宮で倭姫(ヤマトヒメ)命から天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ・あまのむらくものつる)を授かり駿河に渡って賊を退治して相模に入り上総に向かう途中で暴風に遭遇しました
船が漂流して動けなくなると穂積氏忍山宿弥命(オシヤマノスクネノミコト)の娘の弟橘媛(オトタチバナヒメ)が皇子日本武尊に「これは海神の仕業に違いなので賤しい私が皇子の代わりに海に入ります」と云って海に飛び込みました
すると暴風はすぐに止み船は無事に岸にたどり着くことができました

「穂積姓鈴木氏系図」
饒速日(ニギハヤヒ)の七代孫に建忍山宿弥の名がありその子に大木別垂根・弟橘媛の名があります
大木別垂根の子の穂積真津から穂積臣と記されてます

穂積氏忍山宿弥命=建忍山宿弥

+++

「熊野白山滝神社」
岩手県一関市滝沢寺田下
旧名:滝神社
》地図→|こちら
瀬織律姫と熊野・白山の修験道との関連性が推察されます

+++

「早池峰山(はやちねさん)」
》地図→|こちら
瀬織津姫が岩手県早池峰山を中心に信仰されていてその瀬織津姫を祀っている社の数が岩手では23社・青森県1社・秋田県1社・宮城県1社・山形県2社と云う数を見てみても岩手にはこれほど集中してます

朝廷側からみた場合の方位として鬼門である丑寅の方角にあたります
更に東北の中で丑寅が岩手の地です
鬼門中の鬼門が岩手となります
鬼門の地である岩手に坂上田村麻呂がもたらした毘沙門天像の力とはまた別に瀬織津姫と云う女神が朝廷側により運ばれたと云われてます

瀬織津姫
天照大御神の荒神であり穢れ祓いの神と共に水と桜を司る神でもあると云われてます
水と云えば不動明王が有名ですが瀬織津姫とも関わりがあります

「早池峰神社」
岩手県花巻市大迫町内川目第1地割1
》地図→|こちら
奥にある又一の滝と傍にある不動明王が祀ってある祠があります
早池峰神社には瀬織津姫と天照大御神が祀られいて太陽の神格化である早池峰山と水と滝のそして桜の神格化である薬師岳があります

倭姫命世記
荒祭宮一座
皇大神荒魂
伊邪那岐大神所生神
名は八十禍津日神也
一名瀬織津姫神是也

瀬織津姫は穢れ祓いの神とあり穢れを祓うシステムは瀬織津姫が大海へと罪や穢れを流しやがて黄泉の国にと飲み込ませると云われてます
大祓祝詞に瀬織津姫は登場し穢れ祓いのシステムが紹介されてます
大祓祝詞では瀬織津姫が罪や穢れを川から海へと運び速秋津姫を経由してそして根の国に住む速佐須良姫がそれを呑み込みます
穢れ祓いの三女神は遠野に光臨していてそれぞれ遠野三山に祀られてます

早池峰山:瀬織津姫
六角石山:速秋津姫
石上山:速佐須良姫

》瀬織津姫|関連書籍一覧
→|こちら

+++

「龍穴」
龍脈の収束地であり龍のエネルギーが集まりそのパワーが発散するところであり龍は水神でありかならず水が必要となります
龍穴には必ず龍が水を飲む水源があると云われてます
水源をいくつも有する岩手県遠野盆地はエネルギーの発生源なのであると云われてます
遠野郷は太祖山としての早池峰山を中心とする三山が鎮座し鶏頭山と呼ばれ水源を有する薬師岳もまた早池峰信仰をひろめました

鶏が鳴くと云うのは吾妻(東)にかかる枕詞です
鶏が鳴く吾妻とは太陽が昇る東国の意です

盛岡側からは東峰と称された早池峰は鶏頭山と呼ばれた薬師岳と並んでました
古代太陽信仰の源である霊山であったとされてます
太陽と水の恵みによって人間が生きているのであれば太陽信仰と水神信仰の合致はまさに生命の源です
遠野郷はいくつもの水源を有している山々があり遠野盆地を形成しています
古来から水場には龍が存在すると云われていてその龍が無数に発生して龍穴である遠野盆地に帰結すると云われてます

+++

「秀真政伝記(ホツマツタヱ)」
男神である天照大神の后神として瀬織津姫の名前が記されていましたが瀬織津姫が消えて天照大神は女神となったと云われてます
瀬織津姫が天照大神の荒神であることは激しい霊威を発揮して人間社会に災いもたらすなど畏れ敬うべき神であるとされているからです
水神でもあった当時の強力無比な瀬織津姫を辺境の蝦夷地まで運び蝦夷のパワーの源である山龍・水龍・龍穴を押さえる為に霊山であった早池峰山の麓に早池峰神社として鎮座させさらに早池峰山を中心に広がる水龍(水脈)を朝廷側にとっての穢れ祓いをする為に滝神として瀬織津姫を祀ったのではと云われてます

》ホツマツタヱ|関連書籍一覧
→|こちら

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します