古代タニワ

「日月神示」
丹波は田庭
田庭とは日の本の国ぞ
世界の事ぞ
丹波とは丹波一とは世界の中心という事ぞ
日の本と言うことぞ
君の国ざぞ

+++

古代の大和(ヤマト)がこの日本列島全体を支配する以前に出雲とか吉備とか越と同じように北近畿地方にも古代丹後王国=タニワ部族連合と云う勢力が存在していました
その最大勢力範囲は北近畿一円でした
丹波・丹後・但馬・若狭の一部・近江の一部と考えられてます
その中心地が現在の京都府京丹後市峰山町の峰山駅周辺でありここには丹波と云う地名が今も残ってます

田庭(タニワ)

古代タニワ
網野銚子山古墳
蛭子山古墳
神明山古墳

+++

「大江山(おおえやま)」
京都府丹後半島の付け根に位置し与謝野町・福知山市・宮津市にまたがる連山です
別称は大枝山・与謝大山・千丈ヶ嶽です
大江山には3つの鬼退治伝説が残されています

(1)古事記に記された崇神天皇の時代に弟の日子坐王(ひこいますのみこ)が大江山(当時は与謝の大山)で陸耳御と匹女(ひきめ)と云う夫婦の土蜘蛛(ツチグモ)である別名の八握脛(やつかはぎ)・大蜘蛛(おおぐも)を退治したと云う伝説

(2)聖徳太子の弟の麻呂子親王(当麻皇子)が英胡(エイコ)・軽足(カルアシ)・土熊(ツチグマ)の三鬼を退治したと云う伝説

(3)源頼光と頼光四天王が活躍したことで知られる酒呑童子(しゅてんどうじ)伝説

古来よ大江山は鬼の住処と伝えられてます

+++

鬼の妖力の前に人智は全く歯が立たない事を悟った麻呂子親王は神仏の御加護を以て鬼を討ち果たそうとお考えになりました
一旦兵を引かせた麻呂子親王は自ら七体の薬師如来像をお彫りになり「もしも鬼を討ち果たせたならばこの薬師如来像を祀って丹後に七寺を開きます」と祈誓され併せて天照皇大神と天神地祗に祈願されました
麻呂子親王の元へどこからともなく額に鏡を付けた白い犬が顕われました
白い犬が神仏の御遣いであることを察した親王は白い犬を先頭に三上ヶ嶽へ攻め入ったところ鏡の光が次々と隠れていた鬼の姿を照らし出して鬼の妖力をことごとく封じてしまいました
鏡の聖なる力によって身動きが取れなくなった鬼達は最早官軍の敵ではなく麻呂子親王は無事勅命を果たす事ができました
3鬼のうち英胡・軽足は官軍に討ち取られました
土熊のみは生け捕られ土熊に親王は「七体の薬師如来像を安置する七つの寺の土地を一夜のうちに開くならば命だけは助けよう」と申されました
土熊と他の鬼達は喜び勇んで七寺の土地を開墾したのち丹後半島の先端にある立岩に封じられました

麻呂子親王の御開基の七薬師寺は多禰寺縁起より以下の通りです

(1)施薬(与謝野町)桓武天皇勅願所(旧根本寺)
(2)清園寺(福知山市大江町)略縁起と縁起絵
(3)元興寺(京丹後市丹後町)
(4)神宮寺(京丹後市丹後町)麻呂子親王のものと伝わる墓
(5)等楽寺(京丹後市弥栄町)
(6)成願寺(宮津市)
(7)多禰寺(舞鶴市)用明天皇勅願所(西国薬師第三十番霊場)

+++

崇神天皇39年に元伊勢皇大神社=タニワノヨサノミヤで天照大神の御神体である八咫の鏡(やたのかがみ)が4年間祀られそれが元で元伊勢と云われるようになりました
現在の伊勢神宮の御祭神である天照大御神は古くは宮中に祀られてました
この状態を畏怖した天皇の命で崇神天皇から鎮座地を求めて各地を転々としました
垂仁天皇のときに今の伊勢神宮に落ち着きますがそれまでの間に訪れた一時遷座地を各地で元伊勢として語り継がれてます
元伊勢皇大神社はそうした元伊勢伝承地の1つで但波(丹波)国乃吉佐宮の旧跡です
そして皇大神宮(伊勢神宮内宮)の元宮であるとの伝承から元伊勢皇大神宮または元伊勢内宮と称されております

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します