オーストロネシアンの軌跡

オーストロネシアンの軌跡

小笠原群島(おがさわらぐんとう)
小笠原諸島北部の群島で東京都小笠原村に属し面積は71.4km²です

小笠原諸島(英語:Ogasawara Islands)
別名:ボニン諸島(英語:Bonin Islands)
江戸時代の無人島(ぶにんしま・ぶにんじま)という名に由来します

》地図→|こちら

小笠原諸島は現在は東京都に含まれていますが太平洋戦争直後はアメリカの領土でした
今から約1000年以上は誰のものでもなく2000年以上前は伊豆七島から小笠原にはオーストロネシア人(南島人)の言葉を話すミクロネシアの一部だったと伝えられてます

小笠原諸島の南端にほど近い北硫黄島には古代の石斧がよく見つかります
パラオやサイパン・ハワイ・北マリワナ諸島などの南海の諸島で見つかった3600年~1200年も前に使われていた石器と同じものです
この石斧と同じものは鹿児島の縄文遺跡や八丈島からも出土してます

環太平洋の西半分から出てくる石器時代の遺物は黒潮に乗る海人族の南海交易の置き土産であり彼らの間にはある共通の始祖伝承があります

(1)洪水伝説
(2)兄妹あるいは母子(中には犬)との近親相姦型の子孫誕生伝説

+++

「マランガンの仮面」
文久元年に咸臨丸の乗組員が立ち寄った小笠原でマランガンと云うニュービスマルク諸島などに見られる仮面ととてもよく類似した仮面を発見しました
マランガンの仮面の側頭部の模様には巻貝の渦巻か雄羊の巻き角に見えるものが描かれていますが小笠原の仮面には渦巻とはやや違う感じの絵柄が書かれてます

+++

ミクロネシア人はイモガイ・ゴホウラ・オオツタノハをとてもよく利用していました
その中でもゴホウラはフィリピンからボルネオあたりまでの海にしか生息しない貝であり日本では沖縄南部の八重山・先島が北限です
それを運搬したのは五島・久米・奄美の隼人であり西九州人(長崎・島原・五島にいた隼人)の介在もありと北部九州人はそれら貝の消費者でした
ゴホウラやイモガイにとどまらず夜光貝(掖久貝・やくとは屋久島のこと「やこう」は掖久が訛ったので夜光は後からの銘銘)・スイジガイ・タカラガイ・子安貝(シャコガイ)などなどがあります

沖縄諸島はそれらの貝の加工場遺跡が数多く出土されます
沖縄で加工したものを隼人が北部九州に運び宝物であり中でもゴホウラ腕輪は稀少で権威の象徴と云われます
縄文以後の海の道・貝の道とはオーストロネシア人種によって先史時代からすでに開発されてきた太古からの黒潮海路です

+++

「黒潮海路」
黒潮は日本列島に本マグロなどを導く暖流でありその大本はメキシコ海流です
メキシコ湾流は太平洋をアメリカ大陸からハワイ南部を通って東シナ海スンダランドまで運び黒潮に乗って北上し日本列島を通って再びアメリカへ帰っていく地球最大の海の高速道路です

スンダランド(インドシナ亜大陸)に突き当たる直前にメキシコ湾流は北の小笠原諸島から降りてくる暖流をサフルランド(ニューギニア・オーストラリア)あたりで巻き込み太平洋のミクロネシアを循環する小さな渦潮海流になっていて伊豆諸島→小笠原諸島→マリワナ諸島→ヤップ諸島→ニューギニア→そして黒潮となって沖縄諸島に沿って北上してくるのが黒潮です
黒潮海路そのものが海に住むものにとって「うず潮」であり渦巻の最初の誕生はここにあります

循環・リーインカーネーション・再生・海こそまさしく南の人々の思想の源です
そうした再生する死生観や神仙思想は南の海辺ではぐくまれてきて太古からの潜在意識下の宗教観念となりました

+++

アボリジニに至る海の道からやってきた人々オーストロネシアンとはミクロネシアやアボリジニから来た道は人類学・遺伝子学では最古の移動ルートであり海人を東南アジアから南太平洋に送り出す第一の出アフリカであり彼らはアフリカ系の色合いを強く残しながら東南アジア人と混血しました

小笠原諸島八丈島は黒曜石の本場であり小笠原の黒曜石を関東地方へ運んだのは彼らです
そして小笠原には隼人も行っていてここで言葉や伝承は受け継がれ血も混じったと云われてます

沖縄の港川人の骨格にはかぎりなくミクロネシア人に相似した部分が多く見つかりそれは日本の鹿児島の縄文人とはあきらかに違う顎を持ってます

北米大陸のフロリダと云う太平洋の裏側から彼ららしき痕跡が見つかったりします
エクアドルあるいはペルーあたりでもそうした彼ら古代人の残照が見つかることがあります

彼らは口に炭を含みかみくだいて洞窟や暗がりの岩壁に自らの手形を残しそしてまたいずこかへと消えていくアフリカン的な海人民族です

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します