古代号令|応神天皇

九州王朝=ワケ王朝

「応神天皇」
日本書記において誉田天皇と称され八幡神として祀られてます

「応神天皇の諡号」
誉田別」(ホムタワケ)
誉田天皇広幡八幡麿(ホムタノスメラミコト・ヒロハタ・ヤハタマロ)

古事記においてホムタワケと云う発音に品陀和氣と云う異なる漢字が当てられてます
ホムタワケが外来語であり漢字が任意に当てられてます
ホムタワケと云う発音はヘブライ語で読むことによりその意味が明確になり応神天皇の使命とイスラエルとの繋がりを見出すことができます

+++

「誉田別」
ホムタはヘブライ語を語源としたホマッです
壁・城壁を意味し神殿を囲む城壁・神殿を守る壁と云う表現をする際に使われます
城壁とは神殿の類似語でもあり互換性の意味を持ってます
ヘブライ語には直ぐに立つ・最初にできると云う意味のbakarと云う言葉があります
bekorと云う初子・長子と云う言葉は母音が変化したbeker=バケーと云う初子・新しい実・最初にできると云う言葉が聖書でも使われてます
バケはホムタワケのワケにあたる語源と云われてます

イスラエルの民にとって城壁を修復し立ち上げるということは国家を失った際に破壊された神殿の再建を意味してます

「ホムタワケ|ヘブライ語訳」
城壁を直ぐに建てよ
新しい神殿を立ち上げよ
神の都(神殿)を新たに造営せよ

+++

応神天皇のもう一つの諡号である誉田天皇(ホムタノスメラミコト)には天皇の称号として用いられるスメラミコトの読みが含まれてます

「スメラミコト|ヘブライ語訳」
栄光の神を奉る
栄光在主

乃とも書かれるノはna=来たれと云うヘブライ語の言葉でありホムタ(ノ)スメラミコトとは「都(城壁)よ来たれ!栄光在主!」と云う意味になります

ホムタワケ・スメラミコトとは「新しい都を立ち上げ栄光の神を奉れ!」と云う号令です

+++

広幡八幡麿の広幡(ヒロハタ)とはヘブライ語でユダ族の丘陵・ユダ王国の丘を意味します
ヒリフダと云う発音する言葉が変化してヒロハタになったと云われてます
そして麿もしくは麻呂(マロ)の語源はメロであり満ちる・多くのを意味します
八幡麿(ヤハタマロ)とは八幡がユダ族を示し大勢のユダ族と云う意味となります

誉田天皇広幡八幡麿(ホムタノスメラミコト・ヒロハタ・ヤハタマロ)とはヘブライ語訳で「ユダ族が豊かに住む王国の丘陵にて都を立ち上げ栄光の神を奉れ!」となります

ほぞかむなひとのほまれなり

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します