「日本魂の発動」


日本魂とは天地の先祖神の精神と合一した心です

至仁至愛の大精神にして何事にも心を配りゆきとどき凶事に遭うとも大山のごとくビクともせず物質欲を断りもっとも安静な精神であり心であり天を相手として凡人とは争わず天地万有山野河海を吾の所有と為して春夏秋冬・昼夜暗・雨風雷をも言霊によりて自由となる魂です

いかなる災禍に遭うとも艱苦をも意に介せず幸運に向かうも油断せず生死一如にして昼夜の往来するがごとく世事一切の惟神の大道にまかせて好みもなく憎みもなさず義を重んじて常に安静なる魂であり心中をのどかにして川水の流るるがごとく末に至るほど深くなりながら自然と四海に達して我意をもたず才智に頼らず天の時に応じて神意にしたがい天下公共のために活動し万難にたゆまず屈せず無事にして善を行なう魂を云いひとたび活動するときは大人の行いを備え真の智者となりモノをもってモノを見極めひとしからんことを欲せず身魂とともに平静です

今の世の中一般の精神と心とは自己を中心としてモノを見て自己にひとしからんことを欲するがゆえに常に心中が静かにならず体主霊従の精神です

誠の日本魂の人民とは心が平素から自己の内にのみに向かい自己の知るところを慎み自己の力量才覚をひけらかせず天地神明の道にしたがって人と交わり神の善言美辞を用いて光風霽月の人格をそなえ自然に光輝を放つ身魂です
そして心は常に虚空にして一点の私心なく胸中に天国があり何事も優れまさる行動を好み善者を友として劣り汚れたるを憐れみ恵み富貴を欲せず羨まず貧賤をいとわず侮らずただ天下のために至善を尽くすことのみに焦心するものです

至心至情とは日本魂の発動でありわが身の富貴は国のために心魂からささげわが身の貧は簡易生活とし欲望を制してかりそめでも他を害することなく自暴自棄をせずに天命を楽しみ自己応分の天職を守ることが日本魂の発動です

天下修斎大神業のときはけっして慌てず騒がず身魂は常に洋々として大海のごとく鳥が大空を飛び魚が大海を泳ぐがごとく天の流れにしたがい不動の精神を常に養い神政成就の天業に奉仕する身魂の行動が日本魂です

凡人の善事となすことを見て神の誠の道に照らして悪しきことはこれを為さず
凡人の悪事となすことを見て神の誠の道に照らして善きことはこれを遂行すべし

天意に従い大業をなさんとするものは一匹の虫と云えどもみだりに殺傷せずに至仁至愛にして万有を保護し世の乱れに乗じて望みを興さず至粋至純の大精神を保つことが誠の日本魂であり日本魂の発動となります

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します