古事記

古事記とはコジキと読みコの事を記したものでコは子のことであり両親(母・父)から誕生し独立した働きを成していく子のことを顕わしてます

・母音
・父韻
・子音

コはこころ(心)の顕れを示し心のコとしての顕れは言葉(言霊)でコジキとは心の働き成す事を記した書であり心の顕れである言霊の原理教科書です
古事記の上巻に記されている神代の巻には神名から言霊の働き成す事を記した精神原理の教科書であり言霊の原理とは古事記の百神(建速須佐男命)までのコの事として示され心の動きは古事記の記述の通りに循環し百神を述べることで精神原理の解説と運用になってます
古事記の真理とは神代の神話が記されている上巻にあり全人類の精神真話です

+++

精神の動きは古事記の原文記述通りに進み百神は目次となって精製精錬されてます
古事記の原文には解説もなく神名そのものが暗喩呪示となってます
言霊循環とは一言を聞いたり見たり話したりして納得了解するまでに百神を通過し始めて通じ合うと云うことです
一言目が了解できた時はそれが記憶領域の宇摩志阿斯訶備比古遅(うましあしかびひこぢ)神である言霊「ヲ」に移動してそれを通して次の言葉が繋がります
全ての心の構造と人の行為や社会と世界の原理となるものを古代大和のスメラミコトが成し遂げられました
三貴子(みはしらのうずのみこ/さんきし)において一循環が完了し先天(あな)の宇宙の礎(空即是色)となり心の御柱が立ちます

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します