「禊祓の行法」


「古事記」
かれ投げ棄(う)つる御杖に成りませる神の名は衝き立つ船戸(つきたつふなど)の神
次に投げ棄つる御帯(みおび)に成りませる神の名は道の長乳歯(みちのながちは)の神
次に投げ棄つる御嚢(みふくろ)に成りませる神の名は時量師(ときおかし)の神
次に投げ棄つる御衣(みけし)に成りませる神の名は煩累の大人(わずらひのうし)の神
次に投げ棄つる御褌(みはかま)に成りませる神の名は道俣(ちまた)の神
次に投げ棄つる御冠(みかかぶり)に成りませる神の名は飽咋の大人(あきぐひのうし)の神

+++

伊耶那岐命と伊耶那美命は共同で三十二の子音(言霊)を産みました
ここで伊耶那美命は子種が尽き自分の仕事がなくなったので本来の住家である物事を客観的に見る黄泉国(よもつくに)へ高天原から去って行きました
一人になった伊耶那岐命は先天十七言霊と後天三十二言霊の計四十九言霊をどの様に整理・活用したら人間の最高精神構造を得るために建御雷男神を創造しました
この精神構造が如何なる世界の文化に適用しても人類文明創造に役立ち得る絶対的真理である事を証明しようと伊耶那美命のいる黄泉国へ高天原から出て行きそこで整備された高天原の精神文明とは全く違う未発達・不整備・自我主張の黄泉国の客観的文化を見聞きして驚いて高天原へ逃げ帰りました
逃げ帰る道すがら伊耶那岐命は十拳(とつか)の剣の判断力で黄泉国の文化の内容を見極めて黄泉国の客観世界の文化と高天原の主観的な精神文化とは同一の場では語り得ないという事実を知り同時にその客観世界の文化を摂取して高天原の精神原理に基づいてその夫々を世界人類の文明の創造の糧として生かして行く自らの精神原理(建御雷男神)が立派に役立つものである事をも知りえたと云われてます
伊耶那岐命は自ら体験した黄泉国の文化の内容を世界人類の文明創造に組入れて行く行法を「禊祓」と云う精神の学問である言霊原理として体系化し同時に伊耶那岐命の高天原の原理を心として黄泉国の伊耶那美命の心を自らの身体と見る伊耶那岐の大神の立場に立つ事と云う二つの条件を満たした時に初めて「禊祓」の大業が成立することとなります

+++

「かれ投げ棄(う)つる御杖に成りませる神の名」
杖(つえ)とはそれに縋(すが)って歩くものでその事から人に生来与えられている判断力の事を指す表徴です
投げ棄つるとは投げ捨てる事ではなく物事の判断をする場合にある考えを投入する事を云い判断の鏡を提供する意味を持ちます

「衝き立つ船戸(つきたつふなど)の神」
衝き立つとは斎き立てるであり判断に当ってその基準となる鏡を掲げることです
その鏡とは自らの主観内に確認した人間精神の最高構造である建御雷男神です
船は人を運ぶ乗物で言葉は心を運びその事から言葉を船に譬えます
神社の御神体としての鏡は船形の台に乗せられていて船戸の神とは船と云う心の乗物である言葉を構成する言霊の鏡です
衝き立つ船戸の神とは物事の判断の基準として斎き立てられた霊図の鏡の働き(神)であり建御雷男神です
禊祓と云う行法の作業の基準として斎き立てた建御雷男神を衝き立つ船戸の神と呼び建御雷男神と衝き立つ船戸の神とは全く同じものです

+++

人間精神の最高の行法とは単なる自我を救済する自利の道ではなくまた自分と相向う客観としての他を救う単なる利他の道でもなく自らに相対する他を包含した自分が客体と一体となった主体である宇宙全体を清めると云うスメラミコトの世界文明創造の業である事を後世の日本人に知らせる為であると云われてます
伊耶那岐大神の宇宙身である御身と云う意味を理解し後世の人々が想像にも出来ない禊祓の真意義を説く為だと云われてます

知らせてはならず知らさいではならず神はつらいぞよ

+++

伊耶那岐大神は御杖に続いて自分の身につけているものを次々に投げ棄ち計五神が誕生します
五神は禊祓の実行のため基準の鏡となる衝き立つ船戸の神とは違い伊耶那岐大神が自らの身体として摂取する黄泉国の文化をその内容について詳しく調べる為の五つの条項を示す神名です

「次に投げ棄つる御帯(みおび)に成りませる神の名は道の長乳歯(みちのながちは)の神」
次に御帯を投入すると道の長乳歯の神が生まれました
道とは道理と云う事であり長乳歯とは子供の生え揃った歯が一本も欠ける事なく長く続いて並んでいるの意です
投げ棄つる御帯の帯とは緒霊の意で心を結んでいる紐と云う事から物事の間の関連性を意味します
道の長乳歯の神とは摂取する黄泉国の文化の内容の他との関連性を調べる働きと云う事で黄泉国の文化が他文化とどの様な関係を持っているかを調べる働きが生まれて来たと云う事です

+++

「次に投げ棄つる御嚢(みふくろ)に成りませる神の名は時量師(ときおかし)の神」
裳(も)とは百(も)であり心の衣(ころも)の意です
裳とは昔は腰より下に着る衣のことで襞(ひだ)があり伊耶那岐大神の衣である天津菅麻(すがそ)音図には母音が上からアオウエイと並びその下のイの段はイ・チイキミシリヒニ・ヰと並びイとヰの間に八つの父韻が入ります
この八つの父韻の並びの変化は物事の現象の変化を顕わし物事の現象の変化は時の移り変わりを示す事でもあり時量師の神とは現象の変化から時間を決定する働きです

現象の移り変わりが時間を顕わす句

梅一輪
一輪ほどの
暖かさ

冬の厳しい寒さを耐え忍んで来て或る日ふと空を見上げると庭前の梅の木の枝の先に梅の花が一輪蕾を開かせようとしているのが目に止まりました
まだ寒さは厳しいが梅の花が咲こうとする所を見ると春はもうそこまで来ているのだな
そう思ってみると朝の寒風の中にも何処となく春の氣配の暖かさが膚に感ぜられるような氣がすると云う句です

桐一葉
落ちて天下の
秋を知る

物事の姿の変化のリズムが時の変化だと云う事であり物事の姿の変化と云う事がなければ時と云うものは存在しません
実相の変化が時の内容であると云う事です
人間が日常経験する大自然の変化また人間の営みの変化にもそれぞれ特有の変化のリズムが見てとれこのリズムを言霊に照合して調べ検討する働きを時量師の神と云います
アオウエイ(五次元相)に顕れる現象の変化のリズムを八父韻の配列によって認識する働きの事です

ウオアエイの各次元に働きかけ適合する時量師(時置師)の父韻配列

言霊ウ次元 キシチニヒミイリ 天津金木音図
言霊オ次元 キチミヒシニイリ 赤珠音図
言霊ア次元 チキリヒシニイミ 宝音図
言霊エ次元 チキミヒリニイシ 天津太祝詞音図
言霊イ次元 チキシヒミリイニ 天津菅麻音図

言霊の中の縦の母音の並びによる次元と横の父韻の変化に基づく時間の両者の結びによる空間の場所とは時・所・位(次元)の三者によって行われます
時量師の神・処量師・位量師もであり時間とは空間の変化であり空間は時間の内容であり時間のない空間はなく空間のない時間はありません
時間も空間もアオウエイと畳(たたな)わる次元の中の一つの広がりであり時間と空間は次元の一部であると云う事です
時間と空間の畳(たたな)わりが次元宇宙です

+++

「次に投げ棄つる御衣(みけし)に成りませる神の名は煩累の大人(わずらひのうし)の神」
御衣とは衣の事で心の衣である言霊の事です
煩累の大人の神とは煩累が意味がアイマイで不明瞭な言葉のことであり大人とは家の主人のことでその神名全部で言霊に参照してアイマイで意味不明瞭な言葉を整理・検討してその言葉の内容をしっかり確認する働きと云う事です
煩累の大人の神を和豆良比能宇斯能神とは意味は同じす

+++

「次に投げ棄つる御褌(みはかま)に成りませる神の名は道俣(ちまた)の神」
褌(はかま)とは腰より下にはいて股(また)より下が二つに分かれている衣類の事です
道俣(ちまた)も道の一点で二方向に分かれる場所のことで物事の内容を明らかにするには上下・表裏・陰陽・主客・前後・左右・遅速等の分離・分岐等の事実を明らかにする必要があります
道俣の神とは言霊に照合して物事の分岐点を明らかに確認する働きの事です

+++

「次に投げ棄つる御冠(みかかぶり)に成りませる神の名は飽咋の大人(あきぐひのうし)の神」
冠(かがふり)とは帽子の事で頭にかぶるものです
言霊では一番上のア段に当り物事の実相はアオウエイ(五次元)の中のア段に立って見ると最も明らかに見ることが出来ます
芸術がア段より発現する所以であり飽咋の大人の神の飽咋(あきぐひ)とは明らかに組む霊(ひ)の意で物事の実相を明らかに見てそれを霊(ひ)である言霊を以て組むの意です
大人とは主人公の事であり御冠である言霊のア段と照らし合わせて物事の実相を言霊で明らかに組んで行く働きと云う事です

+++

禊祓の行を実行する基準となる衝立つ船戸の神(建御雷の男の神)と摂取する黄泉国の文化を整理・検討してその内容や実相また時処位等を明らかにする五つの働き(道の長乳歯の神・時量師の神・煩累の大人の神・道俣の神・飽咋の大人の神)これ等六神で禊祓を行う下準備は完了します
禊祓の実行に取りかかる事とはその実行する手順と手続きの内容を示す神名が極めて難解であり伊耶那岐大神と御身(おほみま)と云う事の意味を理解が必要となります

+++

「古事記」
次に投げ棄つる左の御手の手纏(たまき)に成りませる神の名は奥疎(おきさかる)の神
次に奥津那芸佐毘古(なぎさびこ)の神
次に奥津甲斐弁羅(かいべら)の神
次に投げ棄つる右の御手の手纏に成りませる神の名は辺疎(へさかる)の神
次に辺津那芸佐毘古(へつなぎさびこ)の神
次に辺津甲斐弁羅(へつかいべら)の神

六神名を読んで分かります事は一番から三番目までの神名のそれぞれの頭に付けられている奥・奥津・奥津と四番目から六番目までの神名にそれぞれ付けられている辺・辺津・辺津の文字を取り去ると一番目と四番目が疎(さかる)・二番目と五番目が那芸佐毘古・三番目と六番目が甲斐弁羅とそれぞれ同じ神名と云う事になります

+++

次に投げ棄つる左の御手の手纏とは上代・玉などで飾り手にまとって飾りとしたものであり伊耶那岐大神が両手を左右に延ばした姿から左の御手の手纏とはアオウエイの五母音に当りそして右の御手の手纏とは半母音ワヲウヱヰとなります
物事は母音より始まり八つの父韻の流れを経て最後の半母音で終結します
奥(おき)とは起(おき)で物事の始まりであり反対に辺(へ)とは山の辺に見られますように物事の終りを顕わします

+++

疎(さかる)とは離れる・遠ざかるを顕わす上代の言葉であり奥疎(おきさかる)と辺疎(へさかる)の文字上の意味は明らかになり奥疎の神とは何かを他の何かから始まりの処に遠ざける働きと云う事で辺疎の神とは何かを他の何かから終結する処に遠ざける働きと云う事です

+++

奥津那芸佐毘古の神・辺津那芸佐毘古の神の文字上の解釈は奥津・辺津の津は渡すの意で那芸佐毘古の神とは悉(ことごと)くの(那)芸(わざ)を助ける(佐)働き(毘古)の力(神)と云う事です
奥津那芸佐毘古の神とは始めにある何かを或る処に渡す全ての芸を助ける働きの力と云う事となり辺津那芸佐毘古の神とは終結点に向って何かを渡す全ての芸を助ける働きの力です

+++

奥津甲斐弁羅の神・辺津甲斐弁羅の神の解釈は甲斐とは甲州山梨県の事であり甲斐は山峡の峡のことで山と山との間と云う意味です
弁羅とは減らす事であり甲斐弁羅であるものとあるものとの間の距離を減らすの意です
奥津甲斐弁羅の神とは始めにあるものを渡して或るものとの間の距離を減らす働きと云う事です
辺津甲斐弁羅の神とは終結点にあるものを渡してあるものとの間の距離を減らす働きと云う事です

+++

奥疎・奥津那芸佐毘古・奥津甲斐弁羅並・辺疎・辺津那芸佐毘古・辺津甲斐弁羅
計六神の文字上の解釈に基づきながら禊祓を実行する人の心の中に起る手順・経過について
禊祓の業とは自分に対する客観的なものの穢れを清めたり修正したりすることではありません
黄泉国で考え出された文化を世界身・宇宙身である伊耶那岐大神が自分自身の身体の中に起ったものとして受け入れ受け入れた自身の身を禊祓することによって新しい身体としての宇宙身に生まれ変わって行く事でありそう云う形式で人類文明を創造して行く業です
先ず伊耶那岐大神は客観世界に起って来た文化を自らの身体の中に起って来たものとして摂取します
摂取した文化を道の長乳歯の神以下五神の働きによってその文化の内容の実相がよく理解し易いように整理・検討します
次に奥・辺の疎・奥津・辺津の那芸佐毘古・甲斐弁羅の心の中の業の進行に入ります

+++

「奥疎の神・辺疎の神」
伊耶那岐大神と云う世界身の中に摂取された黄泉国の文化はそれが実相を明らかにされた時点でも禊祓の洗礼を受けている訳ではなく伊耶那岐大神の身体の中に取り入れられただけの状態です
その文化を取り入れた我が身の状態をよく観察してこれに新生命を与えるための業の出発点となる実相を見定める働きが奥疎の神です
黄泉国の文化をわが身の内のものとして摂取した時は整理されていない文化を身の内に入れたのですから自らが清められ新しい生命に生まれ変わらねばなりません
禊祓の業の出発点としての自らの黄泉国の文化体験はどう認識すべきなのかが決定されなければならず摂取した文化の実相を見極めてそれを摂取した自らの禊祓の出発点としなければなずその出発点(奥・おき)の状態を見極めて行く働きこれを奥疎と呼びます
行の出発点としての自らの実相が見極められたら禊祓によって新生命に生まれ変わった世界身としての自らは如何なる状態となっているかの終着点の新世界身の姿がはっきり心に浮び上がり禊祓の業の目的達成の時の状況が明らかに心中に浮び上がりこの様に禊祓の業によって創り出されて行く結果(辺)の状況の決定これが辺疎の働きです
この働きによって黄泉国の摂取された文化がどんな姿に変わって行くかが決定されると同時にその文化が摂取された後は伊耶那岐大神の世界身である世界文明がどういう姿に変化・革新されて行くかも決定され禊祓の出発点の実相を見極める働きが奥疎の神であり禊祓の業の終了後の世界身の実相を決定する働きが辺疎の神です
黄泉国の新しい文化を摂取したばかりの伊耶那岐大神の心の内容から禊祓の行を始める出発点に「これが新しく摂取する文化の実相だよ」と思い定める事(奥疎)またその摂取した新文化は禊祓の結果としてこの様な姿で人類文明の一翼を担うようになるのだと云う確乎としたイメージを結ぶ事(辺疎)です

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します