「言霊と心の構造」


人間の心とは全部で五十個の最小単位の要素である言霊から成立してます
その内訳は五つの母音と四つの半母音と八つの父韻と三十二の子音です
言霊「ン」を加えこれ以上でもこれ以下でもありません

+++

「五十音図」
五十音の言霊の並べ方で人間のその時その時の心の理想的な持ち方を顕わしてそれを明らかにします
五十音を配列する場合において心の宇宙(心の五重)である母音を右側に並べ行動の宇宙(半母音)を左側に並べ母音と半母音を結ぶ意志の運び方である八つの父韻を右から左へ横に並べます

言霊「ウ」欲望
言霊「オ」経験知・学問
言霊「ア」芸術・宗教
言霊「エ」実践智・道徳
言霊「イ」創造意志

+++

「商売をする人の心の構造」
商売をする人の心の主眼となるのは欲望の言霊「ウ」です
言霊「ウ」を五母音の中心に置き他の四つの次元である言霊「オアエイ」を縦に並べます
長年の経験(オ)や明るい人柄(ア)や嘘をつかない正直さ(エ)や意志(イ)の強さもすべて商売を成立させるために必要な要素であり欲望以外の次元はその目的を達成するための手段や道具に用います
手段であり道具となる他の四つの次元の中でその目的達成に有効なものほど中心の言霊「ウ」に近く配列しますので言霊「ウ」を中心に行動する人の母音は上からアイウエオと並びます
母音と半母音を結ぶ八つの父韻の横の並べ方は八つの父韻を結んでその行為の目的を達成させるための意志の運び方でありこの意志の発動の仕方には八種類あり八種類の動きのすべてとなって右の母音から意志が発動され半母音と結び付いて行為が完結します
この意志の動きは右から左に向って流れ商売をする人の意志の順序とは意志を顕わす言霊「イ」の段階のキシチニヒミイリとなります

言霊「ウ」欲望
<天津金木五十音図>
ワラヤマハナタサカア
ヰリイミヒニチシキイ
ウルユムフヌツスクウ
ヱレエメヘネテセケエ
ヲロヨモホノトソコオ

縦に母音アイウエオが並び横に父韻キシチニヒミイリと並びこの五十音図は日頃私たちが使っているものです
この音図のことを古神道では天津金木五十音図と云います
この五十音図は人間性能の一つである欲望の言霊「ウ」の目的達成をするのに最も適した心の構造を示した五十音図であり物質文明を中心としたここ二千年の人類を顕わしてます

+++

言霊「オ」経験知・学問
<赤珠五十音図>
ワラヤナサハマタカア
ヰリイニシヒミチキイ
ヲロヨノソホモトコオ
エレエネセヘメテケエ
ウルユヌスフムツクウ

言霊「ア」芸術・宗教
<宝五十音図>
ヰミイニシヒリキチイ
ヱメエネセヘレケテエ
ワマヤナサハラカタア
ヲモヨノソホロコトオ
ウムユヌスフルクツウ

言霊「エ」実践智・道徳
<大祓太祝詞五十音図>
ワサヤナラハマカタア
ヰシイニリヒミキチイ
ヱセエネレヘメケテエ
ヲソヨノロホモコトオ
ウスユヌルフムクツウ

言霊「イ」創造意志
<天津菅麻五十音図>
ワナヤラマカサタハア
ヲノヨロモコソトホオ
ウヌユルムクスツフウ
ヱネエレメケセテヘエ
ヰニイリミキシチヒイ

+++

古事記より
「いと吉き地(よきち)」
「底つ石根に宮柱太しり高天の原に氷椽(ひぎ)高しりてまし坐しき」
「ここに天津日子番能(ひこほの)邇々芸命に詔りたまひて天の石位(いはくら)を離れ天の八重たな雲を押し分けて稜威(いつ)の道別(ちわ)き道別きて天の浮橋にうきじまりそり立たして竺紫(つくし)の日向(ひむか)の高千穂のくじふる嶺に天降りまさしめき」

邇々芸命が何処かの天体から地球上の高千穂の山に舞い降りたと記されてます

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します