「近江八幡」人物の旅


近江八幡は水郷と古き近江商人の商家の佇まいで有名な滋賀県近江八幡市です

近江八幡市内には日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)・長命寺(ちょうめいじ)が有名で毎年多くの方がご参拝やご拝礼に参られます

+++

「日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)」
》地図→|こちら

<社伝>
131年
成務天皇が高穴穂の宮に即位の時に武内宿禰(たけうちすくね)又は建内宿禰に命じてこの地に大嶋大神を祀ったのが草創とされてます
275年
応神天皇が奥津嶋神社から還幸の時に社の近辺に御座所が設けられ休憩しその後その仮屋跡に日輪の形を2つ見るという不思議な現象があり祠を建てて日群之社八幡宮と名付けられたと云われてます
691年
藤原不比等が参拝して詠んだ和歌に因んで比牟禮社と改められたと云われてます
「天降りの神の誕生の八幡かもひむれの杜になびく白雲」

「日牟禮八幡宮」御祭神
誉田別尊(ほむたわけのみこと)
→応神天皇の御神霊
息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)
→神功皇后の御神霊
比賣神(ひめかみ)
→三姫神(宗像三女神)の御神霊

「宗像三女神」
田心姫神(たきりひめ)
湍津姫神(たきつひめ)
市杵島姫神(いちきしまひめ)

+++

「長命寺(ちょうめいじ)」
》地図→|こちら

<由緒>
西国三十三所第三十一番札所で天台宗系単立であり山号は姨綺耶山(いきやさん)と云います
聖徳太子の開基と伝えられ琵琶湖畔にそびえる長命寺山の山腹に位置し麓から本堂に至る808段の長い階段で知らてます
第12代景行天皇の時代に武内宿禰がこの地で柳の木に「寿命長遠諸願成就」と彫り長寿を祈願し武内宿禰は300歳の長命を保ったと伝えらてます
その後聖徳太子がこの地に赴いた際に武内宿禰が祈願した際に彫った文字を発見し聖徳太子が感銘を受けてながめていると白髪の老人が現れその木で仏像を彫りこの地に安置するよう告げと云われ聖徳太子は早速「十一面観音」を彫りこの地に安置し武内宿禰の長寿にあやかり当寺を長命寺と名付けたと伝えられてます

「長命寺」御本尊
千手十一面聖観世音菩薩三尊一体
千手観音
十一面観音
聖観音

+++

「武内宿禰(たけうちすくね)」

古事記・日本書紀では大和朝廷初期(景行・成務・仲哀・応神・仁徳天皇の5代の天皇の時期)に棟梁之臣・大臣として仕え国政を補佐したとされる伝説的人物です
武内宿禰は歴代の天皇陛下に仕え霊嗣之儀式(ひつぎのぎしき)によって同名を後継者に引き継がれてきたが仁徳天皇の代以降は表舞台からは姿を消してます
時折名前を変えて歴史上においての表舞台には出てきていますが古来より武内宿禰の血統を受け継ぐ数家が神典や秘儀を分散して継承してきたと云われてます

武内(現在:竹内)家は天皇家との密接な関係を持つ神道系云われてます
天津教の竹内文書と口伝で伝承されてきた正統竹内文書と云うのが存在しますが細部の内容では異なってます

竹内文書→出雲族説
正統竹内文書→日向族説

正統竹内文書では日本人のルーツを北極星・プレアデス・オリオンより神々が地球に降臨してその時すでに原人が居たが原人がそのまま今日の人類に進化したのではなく神々の血族である黄色人種によって世界が始まったとされてます
そして彼らが世界に散らばって白人や黒人が誕生してその後約1万2000年前に世界中で大洪水が起こり大洪水の後に最初に文明を築いたのが日本と云う地で縄文文化が世界最古の文明だと云われてます
その文化は中国地域や欧州地域に伝わってその頃の太陽信仰の日本のスメル(天皇)族が理想郷を求めてアジア大陸に渡ったとされてます
そのグループには2系統あってそれぞれ朝鮮半島と南洋に別れて西を目指してメソポタミアで合流してシュメール人となったと云われてます
そして再び二手に別れて同じルートで日本の地に戻ってきたと云われてます
この時海洋ルートで上陸したのが日向族と呼ばれ大陸ルートで上陸したのが出雲族と呼ばれるようになりもともと同族だった日向と出雲の神々(スメル族)は覇権争いを続けて最初の戦いで日向族が勝ち次に出雲族が勝ちその後に和合した出雲のスサノオと日向のアマテラスが婚姻関係を結ぶが再び大規模な争いが起こって出雲族が敗退して紀元50年頃に日向族の長であった神武が大和朝廷を築いたと云われてます
大洪水後に世界の文明は日本から始まり日本の地からシュメールに移住してそしてまた日本の地に帰ってきた里帰り民族だと云うことです
出雲族の封印を解いて和合する時代(時期)にきていると云うことです

<武内宿禰を祀る神社>
鳥取県鳥取市:宇倍神社
島根県松江市:武内神社
福井県敦賀市:気比神宮

福岡県久留米市の高良大社の御祭神の高良玉垂神(こうらたまたれのかみ)は武内宿禰であると云われてます
その他に応神天皇や神功皇后との関係から石清水八幡宮をはじめ全国の八幡宮(八幡社)の摂社や末社で高良社として祀られてます

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します