「大麻(おおあさ)と日本人」


大麻(おおあさ)と日本人

古神道において大麻(おおあさ)とは罪穢れを祓うものとされてます
伊勢神宮のお札のことを神宮大麻と云い大麻とは天照大神の御印とされてます

大麻草は精神的にも物質的にも日本人のシンボルとも云える植物であり桜が日本の国花とするならば大麻草は日本の国草です
大麻とは健康・美容効果のあるハーブでありその油は車の燃料にもなり繊維は耐久性の高い紙や衣類・建材・土に還元するバイオプラスチックの原料にもなります

大麻は古代天皇一族にとってとても重要な植物であり強い生命力は魂の象徴であり神の依り代と見られていました
大麻が神の依り代とされている神話の一つに天照大神の天岩戸隠れがあります
素盞鳴尊が暴れ回ったために怒った天照大神は天岩戸に隠れると世界中が真っ暗闇になり困った神々は天照大神の氣を引こうと岩戸の前で詔を唱えたり踊りを踊ったりしました
その中の一神に忌部氏の祖である天太玉命が天照大神の氣を引くために大麻の先にいくつもの勾玉を綺麗に飾り付けて捧げて岩戸の前に集まっていた神々によるパフォーマンスが最高潮に達し岩戸が開かれようとしたその時に天太玉命が捧げもっていた大麻の先に一羽の鳥が舞い降りました
神々はこれを吉兆と見て大変喜びこの鳥は天日鷲命と云う神となったと伝えられてます

大麻が古神道で神の象徴であると云う一つの例に伊勢神宮のお札があります
このお札は神宮大麻と云う名でその昔は大麻草が使用されていました
大正時代には大麻は之を仰ぎ崇敬の念を致すべき御神徳の標章であると記されてます
一般家庭においても大麻を朝夕家族で拝むことは子供たちの教育上も多大な効果があるとされてました

古神道における大麻の使用とはその美しい繊維の束を棒の先にくくりつけ参拝する者の頭上や特定の場所などの穢れを祓う大麻(おおぬさ)や御幣(ごへい)であり聖域を囲む結界のための麻紐であり注連縄や神殿に吊るしてある鈴の縄として今現在も使用されてます

古神道では清浄を重視しており大麻は穢れを拭い去る力を持つ繊維とされ1948年にアメリカ占領政策によって大麻取締法が制定されるまでは日本では大麻の成分を抽出した薬が喘息やアレルギー・痛み止めなどに効く漢方薬として市販されていました

近年大麻の薬効は世界的なレベルでにわかに脚光を浴びてきてます
大麻は心的外傷後ストレス障害(PTSD)・ADD(注意欠陥障害)・ADHD(注意欠陥行動障害)と云った精神傷害や緑内障・喘息・ガン患者の緩和ケアなど様々な医療分野での活用も期待されてます
しかし現在の日本では大麻取締法により大麻の成分を医療目的であっても使用・輸入・所持することは禁止されてます

+++

日本人と大麻の関係は縄文時代までさかのぼります
福井県鳥浜遺跡と云う1万年前の縄文時代の遺跡からは大麻の種が発見されてます
トルコ遺跡から5千年前の大麻の布が出土されていますがそれよりさらに古い世界最古と云えます
縄文時代は土器に縄を押しつけて模様(縄文)としてその縄も大麻の縄でした
大麻は植物繊維の中で最も長くしかも強い
大麻の布は厳しい冬を我々の祖先古代縄文人の肌を暖かく包み守ってきたものです

大麻には悪を祓う力があると信じられていて神社のお祓いで神主が振る大幣には大麻の繊維が使われてます
秋の収穫の祭りにかつぐ神輿の上にも大麻の繊維が垂らされてます
大麻神社と云う名前の神社は日本に数十あり大麻がなければ日本固有の宗教である古神道は存在できなかったと云われてます
神社にいくと細長いたんざくのような紙に神宮大麻などと書かれたものをお守りとして売ってます
以前は大麻の穂や葉が実際に中に入ってました

山にこもって修行する山伏の修験道にとっても大麻は欠かせないものであり彼らが小屋にこもって祈りながら焚く護摩はもともとは大麻であり大麻の煙は彼らに意識変容をもたらして宇宙神秘を悟るのに役にたっていたと伝えられてます

母親が子供を産むときの痛みを緩和するために大麻の葉を食べさせることが以前からあり無事に生まれたら神社にいって丈夫に育つように祈祷を受けるときに大麻の茎の繊維が使われてます
生まれて初めて着せる衣服(産着=うぶぎ)には必ず大麻の葉の模様が入っていて赤ちゃんが病氣をせずにすくすく育つようにと云う願いがこめられてます

江戸時代の農民の衣服のほとんどが大麻の布であり武士も裃(かみしも)は大麻の布でつくられていました
下駄のはなおも切れない大麻の紐であり草履や座布団も大麻の布が使われていました
女性の和服には麻の葉模様があしらわれたものが多く家紋に大麻の葉を使ったものが非常に多いのも日本人と大麻の関係の深さを物語ってます

大麻の実は七味唐辛子・つくね・がんもどき・ふりかけ・お粥などとして食べられてきました

長野県:麻味噌・麻の実の野菜煮
島根県:鯵のこはだ・飛龍頭
愛媛県:ひろす・いずみや
大阪:いなりずし

などとして食されていて日本全国で郷土食として食べられてきたことがわかります
麻の葉をおひたしにして食べていた地方もあり大麻は八穀(米・麦・大豆など)のひとつに数えられていいて大麻は大豆より栄養価が高くタンパク質や必須脂肪酸も豊富であり外国でも飢饒のときは大麻の種が食べられ日本でも同じだったと云われてます

大麻の油は食用や燃料として利用され日本の伝統文化の代表である相撲の横綱の化粧回しや弓の弦も大麻製です
夏の夜空を染める打ち上げ花火には色を鮮やかにするために大麻の粉が混ぜられてます

大正14年に発行された不思議によく利く薬草薬木速治療法と云う本には大麻の葉を煙草にまぜて吸えば喘息に特効あるのみならず鎮痛・鎮痙および催眠剤ともなると書かれてます
昭和初期まで大麻煙草は喘息用に薬局で売られてました

中国では1000年以上前の漢方薬の処方(本草綱目など)で痛み止めや食欲増進・皮膚病・便秘などに効果があると書かれてます

大麻は副作用の少ない安全な薬として大昔から生活のなかで利用されてきました
最近欧米で大麻が末期ガンや慢性の痛みに効果があるとして医療目的の使用が合法化されはじめましたが東洋では大昔からの庶民の知恵であり大麻にはほとんど禁忌がありません

夾竹桃(きょうちくとう)や櫨(はぜ)の木にはかぶれるので触るなや彼岸花やとりかぶとの根やアジサイの葉には毒があるので触った手でものを食べるななど民間薬にはしてはならない注意があります
しかし大麻にはそれが見当たらず大麻にはほとんど毒性や危険性がないことは太古より長い歴史と経験を通して知った庶民の知恵であるからです

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します