「大己貴神(オオナムチ)」

「播磨国風土記(はりまのくにふどき)」 オオナムチ(大己貴神)の子をアメノホアカリ(天火明命)と記されてます +++ ムー時代の古代人たちは常に太陽や海・山などの大自然と繋がることを意識して自然と一体となりながら生きてい … 続きを読む 「大己貴神(オオナムチ)」

「籠(この)神社」人物の旅

元伊勢籠神社→|地図| 京都府丹波地方の元伊勢籠神社以外にも元伊勢の名を持つ神社があります 元伊勢外宮豊受大神社→|地図| 元伊勢内宮天照大神社→|地図| +++ 「豊受大神(豊受姫命)」 天照大御神に食事を運ぶ神と云わ … 続きを読む 「籠(この)神社」人物の旅

「竹内文書」人物の旅

竹内文書の原文は神代文字で書かれていて皇祖皇太神宮の管長の血統である竹内家が代々守り続けてこられた古史古伝です 明治43年に竹内巨麿が天津教を設立して竹内文書の公開に踏み切ったが国家神道に対する不敬罪として起訴されてその … 続きを読む 「竹内文書」人物の旅

「豊(とよ)神功皇后」人物の旅

豊(とよ)とは神功皇后を云います 豊(とよ)は仲哀天皇亡き後武内宿禰(たけうちすくね)の妻だったと云われてます 古事記の記述によれば武内宿禰は蘇我氏の先祖でもあり神功皇后が新羅(しんら)を大変好んでいたのは武内宿禰が新羅 … 続きを読む 「豊(とよ)神功皇后」人物の旅