人(霊止)還りの道 – 761編

世の中は心配せなくても可いものですな
私たちは昨日から一食も碌にせず
山坂を下り
スタスタ此処までやつて参りましたが
もはや腹はすき
喉はかわき一滴の水もなし
進退維谷まるといふところでございました
九分九厘で既に息つかうとした時に
かやうな尊い野苺を下さるとは
何とも
たとへがたない有難さでございます
これを思へば
決して神様は吾々を見殺しにはなさりませぬな

さうだ
人間は神様の与へて下さるものを頂いてをりさへすれば安全だ
今の人間は食つた上にも食ひ
飲んだ上にも飲み
贅沢三昧をして
これは甘いの
不味のと小言ばかりいふてゐるから
生活難の声が起るのだ
それで物価はますます騰貴して人民はいよいよ苦しむのだ
万人が万人ながら神の恩恵を有難く感じ
与へられたものを頂くといふ事になれば
世の中は貧乏もなく
病もなく
また争ひも起らぬ
だから吾々はどこまでも
惟神の道を歩まねばならないのだ
これで神様の有難いことが分つただらうな

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します