人(霊止)還りの道 – 755編

芸術の対象は美そのものであり而も美は大神の姿にしてその心では無い
その衣であつてその身体では無い

神は霊なれば之を拝するものも亦
霊と真とを以て之を拝すべし

キリストの言つた言葉は万古不易の断案である

美を対象する芸術はよく人をして大神の御姿を打ち眺めしむる事を得るも未だ以て其の心を知りその霊と交はり大神と共にあり大神と共に動き大神と共に活きるの妙境に達せしむることは出来得ない
たとへば僅かに大神の裳裾に触らしめることは出来得るもその温き胸に抱かれその生命の動悸に触れしむることは到底望まれない

芸術の極致は自然美の賞玩悦楽により現実界の制縛を脱離して恍として吾を忘るるの一境にあるのである
それゆゑその悦楽はホンの一時的で永久的のものではないのである
其の悠遊の世界は想像の世界に止まつて現実の活動世界でなく一切の労力と奮闘とを放れたる夢幻界の悦楽に没入して陶然として酔へるが如きは即ちこれ審美的状態の真相である

もしそれ宗教の極致に至つてははるかにこれとは超越せるものがある
宗教的生活の渇仰憧憬して已まざるところのものは自然美の悦楽ではなく精神美の実現である
その憧憬の対象は形体美ではなく人格美である
大神の衷に存する真と善とを吾が身に体現して永遠無窮に大神と共に活き大神と共に動かむと欲する霊的活動の向上発展は即ちこれ宗教的生活の真相である

真の宗教生活とは芸術家が美の賞翫もしくは創造に依つて一時人生の憂苦を忘るるが如き軽薄なものではない
飽くまでも現実世界を聖化し自我の霊能を発揮して清く氣高き人格優美を吾と吾が身に活現せなくては止まないのが即ち真の宗教家の日夜不断の努力奮闘であり向上精神である

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します