人(霊止)還りの道 – 748編

<農民歌>

農に生まれて農に生き
土を耕し土に死す
痩せたる土の香りにも
汗と涙に生きむとす
吾が生活の悲愴さは
ブルジヨア階級の夢にだに
感知し得ざる悲惨さよ
アゝ吾が生命に力あれ
吾が運動に力あれ

春幾度か廻れども
富みおごれるは農民の
吾々老若男女等が
汗と膏の賜物ぞ
汗とあぶらを盃に
汲んでは花にたわむれつ
秋の月をば慰めに
酒汲み交すブル階級
寒く飢ゑたる同胞を
蔑み笑ひ鞭うてり
鬼か大蛇か狼か
悪魔のはばるこの世界
立替へせずにおくべきか
吾等が生命に力あれ
吾等が運動に力あれ

たぎるが如き小山田の
真夏真昼も孜々として
滝なす汗をしぼるのも
来たらむ秋の八百穂の
稲の実のりの肥料ぞと
苦熱を凌ぎ草とれば
高楼弦歌にさんざめく
吾等は命を的にして
この悪風を根絶し
吾等の未来を救ふべし
未来は吾等のものなるぞ
吾が活動に力あれ
吾が生命に力あれ

曙白く星寒く
刃のごとき秋の風
山野の草は枯れ尽し
地上一面霜をおき
鎌を握れるこの手先
霜ふみしめし足の先
罅凍傷に血走れど
憩はむ暇さへなかりしが
その収穫は大部分
地主の倉に収まりて
淋しく泣ける寒狐
住む家さへも壁は落ち
見るも悲惨な光景ぞ
アゝ人生はかくの如
悲惨で一生を通すのか
否々決してさうでない
天の与へし田種物
働くものの所有ぞや
不労所得の権力が
どこに一点あるものか
吾等の運動に力あれ
未来は吾等のものなるぞ

汗と涙と血を捧げ
地上に画く芸術の
誇りも空しく夢と消え
汗と涙に汚れたる
吾等が辛苦の結晶は
奢侈逸楽の犠牲となり
飢ゑと寒さに子等は泣く
アゝこの惨状をいかにして
いつまで看過出来やうか
吾等の命に力あれ
未来は吾等のものなるぞ

咄何者の奸策ぞ
正義の刃に血は煙
自由の剣をとりて立つ
雄々しき勇士といたはしき
妻子の上に迫害の
魔の手は下れり爪先を
敏鎌のごとく研ぎすまし
吾等が大切の玉の緒を
斬らむと企むブル階級
倒さにやならぬ吾々は
この世にこのまま置いたなら
彼等のために亡ぼされ
子孫断絶するだらう
吾等の生命に力あれ
吾等の運動に力あれ
未来は吾等のものなるぞ

壁落ち軒は傾けど
五尺の体を休養する
為には自由の誇りあり
吾等貧しく疲れしも
抱く真理に光あり
永き搾取と圧制に
反逆すべく起てるなり
未来は吾等のものなるぞ
打てよ懲せよブル階級

君よ見ざるや農民を
全土を覆ひし団結を
君聞かざるや農民を
来たれよ友よと呼ぶ声を
アゝ今吾等起たずむば
混沌の世を如何にせむ
起てよ振へよ怒れよ狂へ
未来は吾等のものなるぞ

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します