人(霊止)還りの道 – 746編

現代の世相を視れば一方には文学を恥ぢて武勇を好むものそして一方には文学に耽溺して武備撤回を主唱するものばかりである

何れも仁義の士を賤しみ且つ愚者扱ひを為し権謀術数に長じたるものを紳士と崇め治獄の吏を貴み悪法を施工し正言真語を唱ふるものを以て誹謗者と看做して獄に投じ奸邪を重用して政事の枢機に列せしめ過ちを防遏せむとするものは之を妖言者とけなし流言浮説者として圧迫を加へ先聖の法服世に用ひられず忠良功言みな胸中に欝し誉諛の声は日夜耳に満ち虚栄と美食心を薫じ実行なく口説のみ盛んにして社会の滅亡眼前に迫るの心地である

かかる時代に際して一大神的英雄すなはち救世主の降臨がなければ最早世は暗黒より道はないでせう

神的英雄なるものは国家または社会の実体とも曰ふべきものであつて国家も社会も要するに英雄思想の具現の形式である
凡て英雄のなき国家社会は精霊の脱出した人間の屍体も同様である
精神の脱出した人間の肉体が恣意なる五慾の乱起によつて自らの破滅に終るがごとく之を大統する神的英雄の欠如は常に国運の衰弱いな死滅も同様である

今日の世の中は文化の低下せしにもあらず生産の減少にもあらず僧侶や神司の尠なきにもあらず兵備の整はざるにもあらず
しかるに「昨日の隆盛も今日の沈衰」径庭かくのごとく甚だしきものは何の理由であるのか
そは要するに国家社会本来の意義を体得した大統的偉材の欠乏せるが為である

今や世界の民は自ら驚かむことを求めつつあります
今日の人民は既に自分らが不平の代弁者の饒舌に倦み果ててをります
今日の人民が鶴首して待つてゐるものは金切声をしぼつて彼ら自身の窮状を説明するものでなくて神のごとき威厳をもつてその進路を指すものの出現であります
徒に民と共に叫び民と共に踊るごときはこれ雪上更に霜を加ふるの類であつて真に天下の重きを以て任ずる諸士の深く恥づるところなのであります

思想界の悪潮流は世界に氾濫し今や地上の神の国は破壊せむとするの勢ひでございます
一時も早くこの暗黒の帳を開いて明晃々たる日出の御代を来たすべく努力せねばなりませぬ

敬愛なる神の御子たちよ民衆の煽動に乗ずることなく隠忍自重して以て神雄英雄なる救世主の再臨を待たうぢやございませぬか

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します