人(霊止)還りの道 – 710編

オイ
此処には雨も降らぬのに大変な濁流が流れてゐるぢやないか
こんな大きな川を渡らうものなら
それこそ命の安売りだ
もう仕方がない
二十一世紀ぢやないが
何もかも行きつまりだ
後へ引きかへさうか

引きかへさうと思つても
何者か後ろから押して来るのだから仕方がないぢやないか
慢心いたすと神の試しに遇うて行きも帰りもならないやうになる
と三五の教の教典に示されてゐるが
矢張り吾々はソーシヤリズムとか自由平等主義だとかいつて神様を軽んじて来た結果
こんな羽目に陥つたのだ
どうしても是は現界とは思はれないな
竜神の岩窟で命を取られ此処へ来たのだ
もうかうなれば覚悟をするより仕方がないぞ

さうだ
どう考へて見ても現界のやうぢやない
お前の言ふとほり
これから駒の頭を立て直し
弱くてはいけないから
たとへ地獄へ行かうとも大いに馬力を出してメートルをあげ
地獄の鬼を脅迫し
舌を捲かせ
共和国でも建設しやうぢやないか
とにかく今日の世の中は弱くては立てぬのだからなア

なに心配するするな
地獄といふ所は強い者勝ちの世の中だ
小さい悪人は厳しい刑罰を受けるなり
大なる悪人は地獄の王者となつて大勢の亡者を腮で使ひ
愉快な生活を送らうとままだよ
閻魔などはあるものぢやない
霊界も現界と同じことだ
現界の状態を考へて見よ
下にあつて乱すれば刑せられ
上にあつて乱すれば衆人より尊敬さるる矛盾暗黒の世の中だ
吾々は弱くてはならない
これから褌を確りと締め
捻鉢巻をして細い腕に撚りをかけ
この濁流を向かふに渡り
地獄征服と出かけやうぢやないか
人間の精霊といふものは
所主の愛によつて天国なりまた地獄へ籍を置いてゐるさうだから
何地獄だつてかまふものか
自分の本籍に帰るやうなものだ
片つ端から暴威を揮つて四辺の小団体を征服し
大同団結を作り
吾々の王国を建てやうぢやないか
なに
地獄くらゐに屁古たれてたまらうかい
何ほど地獄がつらいといつても現界くらゐのものだ
現界はいはゆる地獄の映像だといふ事だから
吾々は経験がつんでゐる
現界では大黒主といふ大将が居るから吾々の思ふやうにはゆかないが
地獄では勝手だ
この腕が一本あればどんな事でも出来るよ

さうだなア
どうやら地獄の八丁目らしい
取つたか見たかだ
この濁流を横ぎり
その勢ひで地獄に侵入し
一つ脅喝的手段を弄して粟散鬼王を平らげ
天晴れ地獄界の勇者となるも妙だ
ヤア勇ましくなつて来た
毒を喰らへば皿までだ
どうせ吾々は天国代物ぢやないからなア
アハゝゝゝ

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します