人(霊止)還りの道 – 680編

心頭を滅すれば
火もまた自ら涼し

夏の日は
決して暑いものではない
またしてもまたしても
吾人の心に燃えつく
名利肉楽の慾火が熱いのだ

生れながら
吾人の心中に燃えてゐる
貪瞋痴愛の
毒燄があついのだ

四時永久に
吹きわたる
聖霊の涼風を納れて
かの慾火と
毒燄とを
消すことを礙ぐる
ひそかに
鎖された
心の頑壁そのものが
清涼なるべき夏を
さながら焦熱地獄と
感ぜしむるのだ

吾人は聖霊の涼風に
吹かれて
天国の春に進むべきのみだ

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します