「人(霊止)還りの道」181編


松の代
弥勒の代
神世にいたすぞよ

弥勒(ミロク)
至仁至愛の意にして宇宙万有一切の親なり主なり
七仏出生説に云はれる一仏にあらず

<法華経|序品第一>
菩薩摩訶薩(ボサツマサカツ)八万人あり
皆・阿耨多羅三藐三菩提(アノクタラサンミヤクサンボダイ)に於て退転せず
皆・陀羅尼(ダラニ)を得
楽説弁才あつて不退転の法輪を転じ
無量百千の諸仏を供養し
諸仏の所に於て
衆の徳本を植ゑ
常に称嘆せらるることを為
慈を以て身を修め
善く仏慧に入り大智に通達し
彼岸に到り
名称普く無量の世界に聞こえて
能く無数百千の衆生を度す
その御仏名は以下の通りなり

<菩薩摩訶薩八万人>
 一 文殊師利菩薩(モンジユシリボサツ)
 二 観世音菩薩(クワンゼオンボサツ)
 三 得大勢菩薩(トクダイセイボサツ)
 四 常精進菩薩(ジヤウシヤウジンボサツ)
 五 不休息菩薩(フグソクボサツ)
 六 宝掌菩薩(ホウシヨウボサツ)
 七 薬王菩薩(ヤクワウボサツ)
 八 勇施菩薩(ユウセボサツ)
 九 宝月菩薩(ホウグワツボサツ)
 十 月光菩薩(グワツクワウボサツ)
十一 満月菩薩(マングワツボサツ)
十二 大力菩薩(タイリキボサツ)
十三 無量力菩薩(ムリヤウリキボサツ)
十四 越三界菩薩(ヲツサンカイボサツ)
十五 跋陀婆羅菩薩(バツダバラボサツ)
十六 弥勒菩薩(ミロクボサツ)
十七 宝積菩薩(ホウシヤクボサツ)
十八 導師菩薩(ダウシボサツ)

その時に
釈堤桓因(シヤクダイクワンイン)
その眷属二万の天子と与に倶なり

<天子>
一 名月天子(ミヤウグワテンシ)
二 普香天子(フカウテンシ)
三 宝光天子(ホウクワウテンシ)
四 自在天子(ジザイテンシ)
五 大自在天子(ダイジザイテンシ)

四大天王(シダイテンワウ)あり
其眷属万の天子と与に倶なり

復た
その眷属三万の天子と与に倶なり

<娑婆世界の主(シユ)>
六 梵天王(ボンテンワウ)
七 尸棄大梵(シキダイボン)
八 光明大梵(クワウミヤウダイボン)


その眷属万二千の天子と与に倶なり

<八の竜王>
一 難陀竜王(ナンダリユウワウ)
二 跋難陀竜王(バツナンダリユウワウ)
三 娑伽羅竜王(シヤガラリユウワウ)
四 和修吉竜王(ワシウキツリユウワウ)
五 徳叉迦竜王(トクシヤカリユウワウ)
六 阿那婆達多竜王(アナバダツタリユウワウ)
七 摩那斯竜王(マナシリリユウワウ)
八 優鉢羅竜王(ウハツラリユウワウ)

各若干百千の眷属と与に倶なり

<四の緊那羅王>
一 法緊那羅王(ホフキンナラワウ)
二 妙法緊那羅王(メウホフキンナラワウ)
三 大法緊那羅王(ダイホフキンナラワウ)
四 持法緊那羅王(ヂホフキンナラワウ)

各若干百千の眷属と与に倶なり

<四の乾闥婆王>
一 楽乾闥婆王(ガクケンダツバワウ)
二 楽音乾闥婆王(ガクオンケンダツバワウ)
三 美乾闥婆王(ミケンダツバワウ)
四 美音乾闥婆王(ミオンケンダツバワウ)

各若干百千の眷属と与に倶なり

<四の阿修羅王>
一 婆稚阿修羅王(バチアシユラワウ)
二 佉羅鶱駄阿修羅王(キヤラケンダアシユラワウ)
三 毘摩質多羅阿修羅王(ビマシツタラアシユラワウ)
四 羅睺阿修羅王(ラゴアシユラワウ)

各若干百千の眷属と与に倶なり

<四の迦楼羅王>
一 大威徳迦楼羅王(タイイトクカルラワウ)
二 大身迦楼羅王(ダイシンカルラワウ)
三 大満迦楼羅王(ダイマンカルラワウ)
四 如意迦楼羅王(ニヨイカルラワウ)

各若干百千の眷属と与に倶なり

韋堤希(イダイケ)の子
阿闍世王(アジヤセワウ)若干百千の眷属と与に倶なり

王とは
八大竜王および諸仏王の略称なり

天子(天使)とは
諸天子ならびに諸天王の略称なり
神道では神子(ミコ)または神使(シンシ)の意なり
基教ではエンゼルの意なり
神の道・仏の道に優れたる信者の意でもあるなり

+++

三千世界
一度に開く梅の花
艮の金神の世になりたぞよ
須弥仙山に腰を懸け
艮の金神
世界を守るぞよ

三千世界とは仏教用語なり
艮の金神とは神道の語にあらず
須弥仙山とは仏教家の最も大切にしてゐる霊山なり

+++

仏も神も同一体であり
元は一株なり
これ神仏一体の神理なり

・・・「人(霊止)還りの道」182編へつづく

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス

プライバシーポリシー
同意する


  • メール指定受信設定をされている方は satose.jp をドメイン受信設定にしてください
  • プライバシーポリシーに同意するをチェックの上登録ボタンをクリックしてください

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します