「人(霊止)還りの道」148編


故殺さえ給へる神の身に生れる物は
頭に蚕生り
二つの目に稲種生り
二つの耳に粟生り
鼻に小豆生り
陰に麦生り
尻に大豆生り
故是に
神産巣日御祖命
茲を取らしめて
種と成し賜ひき

二つの耳に粟生り
二つ(左右)とは左は上流であり右は下流の意です
左の耳は資本家・大地主の意
右の耳は労働者・小作人の意

耳(ミミ)
一切の生産機関を総称した意です
言霊「ミ」に約ります
言霊「ミ」
農工商の三種・実業・形体具足の言義・身体の意です

耳の活用はキクが主眼です

体的には
手が利く
耳が利く
目が利く
鼻が利く
口を利く
腹が利く
舌が利く
腰が利く
これ等を総称して体的の八ツ耳(ヤツミミ)と云ひます

霊的には
神眼
神耳
天言
などこれ等を総称して霊的の八ツ耳(ヤツミミ)と云ひます

神八井耳命(かみやゐみみのみこと)
彦八井耳命(ひこやゐみみのみこと)
忍穂耳命(おしほみみのみこと)

聖徳太子
八ツ耳命(やつみみのみこと)

体的八ツ耳と霊的八ツ耳が完全無欠なる顕幽十六耳の意義から十六菊の御紋章を制定されたのはもつとも深遠なる御慮のおはしますところです

・・・「人(霊止)還りの道」149編へつづく

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します