「人(霊止)還りの道」584編


お前さま
お腹が立つでせうけど
そこを忍ぶのが勇者といふものですよ
なる堪忍は誰もする
ならぬ堪忍するが堪忍と申しまして
忍耐くらゐ善徳はありませぬ
世の中の一切の事は忍耐によつて平和に治まり
また忍耐せざるによつて騒動が起るのです

忍ぶといふ字は刃の下に心といふ字を書きませうがな
胸に刃を呑むやうな苦しさ残念さも
これに耐へ得るのがこれが忍ぶです

国祖大神様はこの広大な世界をお造り遊ばし
数多の神人を安住させ
サアこれで一息といふところで
金毛九尾その他の悪神のために
反対に国常立尊は悪神だ
祟り神だと八百万の神様にまで罵られ
また千座の置戸を負はされて
あるにあらぬ苦労を遊ばし
口惜し残念を耐りつめてただの一言も御不足らしいことはおつしやらなかつたのですよ

素盞嗚尊様も
あるにあられぬ無実の罪をきせられ
頭の毛を一本一本抜きとられ
手足の爪を剥がれ
髭を切り
その上に尊き御身を漂浪人として高天原より放逐されたまひながら
少しもお恨み遊ばさず
天下万民の罪を一身に引き受けて
瑞の御霊と顕現したまひ
今や不心得千万な人間を善道に導き
天国の生涯をいや永久に嬉しく楽しく
一人もツツボに落とさず助けてやらうとの思召しで
三五の御教を天下にお開き遊ばし
妾もその手足となつて天下に宣り伝へをしてゐるのでござります

あなたもこの尊き大神様にお仕へ遊ばす三五の御教の清き尊き信徒なれば
なにほど無理難題をいはれても
一言も怨んではなりませぬぞえ

人間はチツとでも腹を立てたりゐたしますと
悪魔がその虚に乗じてその霊を亡ぼし
遂には肉体までも亡ぼしますから
腹を立てるくらゐ恐ろしいものの
損なものはござりませぬよ

あなたもお氣がついて今後
忍耐の徳をお養ひなさいますれば
決して神様はお咎め遊ばすどころか
大変にお喜び遊ばし
あなたの霊にも肉も愛の光明を投げ与へたまひ
この世において最も清き美はしき大いなるものと成さしめたまふものでござります

あくまでも仁慈と忍耐とをもつて神様のお神力を借るより外に道はござりませぬ
そしてこちらは誠と親切と実意と忍耐とをもつて相対する時は
神様のお恵みによりまして
きつとよい方になつて下さるでせう
われわれは神様から試験問題を与へられたやうなものですからな

本当に御苦労様でござりますな
わたしもこれから忍耐を第一とし
相対する時はわが父母同様に敬ひ愛することにいたしませう

・・・「人(霊止)還りの道」585編へつづく

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します