人(霊止)還りの道 – 124編

故吾は御身の祓為なと詔りたまひて
筑紫の日向の立花の小門の阿波岐原に到りまして
禊祓ひたまひき

故吾は御身の祓為なと詔りたまひて

大々的に宇宙および国家の修祓を断行せむと詔りたまふた意です

三千世界の
大洗濯
大掃除を
天の御三体の大神の御命令によりて
艮の金神が
立替立直しをいたす世になりたぞよ

美曽岐(ミソギ)の大神事の意です

筑紫の日向の立花の小門の阿波岐原に到りまして

言霊「ツ」実相真如決断力・照応力
言霊「ク」暗(クラヤミ)の交代・三大暦の本元・深奥の極
言霊「シ」世の現在・皇国の北極・天橋立
言霊「ノ」天賦のまま・産霊子(ムスビノコ)・無障
言霊「ヒ」顕幽貫徹・無狂・本末一貫
言霊「ム」押し定むる・国の億兆をなす・真身の結
言霊「カ」晴れ見る・際立ち変る・光り輝く
言霊「ノ」つづく言
言霊「タ」対照力・平均力・足り余る
言霊「チ」溢れきはまる・造化にともなふ・親の位
言霊「ハ」太陽の材料・天体を保つ・春
言霊「ナ」火水・真空の全体・成りととのふ・水素の全体
言霊「ア」初頭・大母公・円象入眼
言霊「ハ」延び開く・天の色・歯・葉
言霊「ギ」霊魂の本相・天津御祖の真・循環無端
言霊「ハ」切断力・フアの結・辺際を見る
言霊「ラ」高皇産霊・本末打合ふ・無量寿の基

実相真如の顕彰を樹立して御倉棚の神なる宇宙経綸の三大暦(恒天暦・太陽暦・太陰暦)の大本元をきはめて深甚玄妙の極を闡明し現在の世を済するために天橋立なる皇国の北極に天賦自然の産霊子を生成化育し障壁なく狂ひなく顕幽貫徹と本末一貫をもって万象を押定めて真身の結に依りて国の億兆を悉く皆完成し光輝をもって神徳を発揚して青天白日の瑞祥を照らし宇宙一切の大変革をもっとも迅速に敢行したまひて上下一致・顕幽一本・平均力をもって善悪・美醜・清濁を対照し全智全能にして親たるの位をたもちあふれ極まる霊力をもって造化にともなひ太陽にひとしき稜威を顕彰して天体を保有し春ののどかなる松の代を改立し真空の全体なる霊魂球を涵養し水素の本元たる月の本能を照らして宇宙一切を完成調理し万有を結びて一(イチ)と成して天地を祭り人道を守り国家を平けく安らけく治め幸はひ男性的機能を発揮して大仁大慈の神心を照らし造化の機関たる位をもちてもとの美しき神世に突きもどし円象入眼すべて霊と体に生命眼目をあたへ大母公として世の大元となり初頭と顕れ無限に延び無限に開きて蒼天の色のごとく清くかつ高く広く生成化育の徳を上下の末葉におよぼして天津御祖の真を体得し循環きはまりなく各自霊魂の本相を研ぎつくし妖邪を切断し世の辺際を見きはめて言霊力をもって破邪顕正し本末相対して世をきよめ洗ひ一切無量寿なるの根基を達成すべき霊系高産霊の神業を大成する霊場の意です

現代の世の中において神界の神霊経綸の大道を大成する経綸地である霊場を人類は急ぎ探究すべき大問題です

禊祓ひたまひき

禊(ミソギ/美曽岐)
言霊「ミ」水・太陰・充・実・道・玉となる
言霊「ソ」風の種・身の衣服・ス(〇ゝ)を包裏をる
言霊「ギ」活貫く・白く成る・色を失う・万に渡る

あらゆる汚穢をきよめ塵埃をはらひ風と水との霊徳を発揮して清浄無垢の神世を玉成して虚栄虚飾を去り万事にわたりて充実し活氣凛々たる神威を顕彰し金甌無欠の神政を施行して宇内一点の妖邪をとどめざる大修祓の大神事の意です

現代の世の趨勢は世界一般に美曽岐(ミソギ)の大神事を厳修すべき時運に遭遇してることを忘れべからず

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します