人(霊止)還りの道 – 563編

地上に充満せる
陰鬱の空氣は
天に上つて凝結し
忽ち彗星と化つて
妖光を放射し怪煙を吐いてゐる

是はたして何の
凶兆だらうか
彗星の妖光に毒せられて
紫微宮の色は
非常に変つてゐる

これを思へば
やがて天下に
大難の到来する前兆ならむ

かの妖星が
やがては
紫微宮中を犯すであらう

その時こそは
実に警戒を要する時だ
〇〇〇の失脚は
歴々として
既に已に
天極紫微宮の中に
今より
現はれてゐるやうだ

ことごとく主の神の顕現だ
人間の身は
主の神の聖霊と神格とを
摂受する時
茲初めて
万有一切と
共通し活躍し得るものである

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します