「人(霊止)還りの道」97編


言霊「ナ」

何ほど言ふても
わけの解らぬ情ない
なまくら身魂の鉛のやうな
諸刃の剣で何が出来るか
泣いて暮らすも一生なら
笑って暮らすも一生だ
ない袖は振れぬ
ない智慧はしぼれまい
ホロが萎えたか
直霊のみたまに詔り直せ
なかなか難かしい神の道
氣楽に思ふてゐると
泣き面かわくやうなことが
度々あるぞよ
罪もなく汚れもなく
心の玉に曇りなければ
どんなことでも為し遂げられる
誠の固まったのは長う栄えるぞよ
名さへ目出度き高砂の
この神洲に渡りながら
汝のなしたる修業は涙にもおよばぬ
何をいたすも耐へ忍びが肝腎だ
なまくら刀で悪魔は斬れぬぞ
心の波を静かにをさめ
艱難辛苦をなめ
奈落の底も恐れぬ魂にならねば
何事もなり遂げぬぞよ
ものの成るは
成るの日に成るにあらずして
成らぬ日に成るのである
早く神心に成れなれ
惟神の道に倣ふてこの世を渡れ
神の言葉に二言はない
さやうなら

・・・「人(霊止)還りの道」98編へつづく

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します