「人(霊止)還りの道」526編


高天原(天界)の規則は大変厳格なものでたがひにその範囲を犯すことは出来ないやうになつてをります
最高(最奥)天国・中間天国・下層天国および三層の霊国は厳粛な区別を立てられ各天界の諸天人はたがひに往来することさへも出来ないのです
下層天国の天人は中間天国へ上ることはできずまた上天国の者は以下の天国に下ることも出来ないのが高天原の規則です

もしも下の天国より上の天国に上り行く天人があれば必ず甚くその心を悩ませ苦しみ悶え自分の身辺に在る物さへ見えないやうに眼が眩むものです
ましてや上天国の天人と言語を交ゆることなどは到底できませぬ

また上天国から下天国へ下り来たる天人は忽ちその証覚を失ひますから言語を交へむとすれば弁舌渋りて重くその意氣は全く沮喪するものです
ゆゑに下層天国の天人が中間天国に至るともまた中間天国の天人が最高(最奥)天国に至るとも決してその身に対して幸福を味はうことは出来ませぬ

わが居住の天国以上の天人はその光明輝きその威勢に打たるるがゆゑに目もくらみただ一人の天人をも見ることができませぬ
つまり内分なるもの上天国天人のごとく開けないがためであります
ゆゑに目の視覚力も明らかならず心中に非常な苦痛を覚え自分の生命の有無さへも覚えないやうな苦しみに遇ふものです

しかして大神は最高(最奥)天国・中間天国・下層天国および三層の霊国の連絡を通じたまふに二種の内流によつてこれを成就したまふのです
しかして二種の内流とは一は直接内流であり一は間接内流であります

大神は最高(最奥)天国・中間天国・下層天国および三層の霊国をして打つて一丸となし一切の事物をしてその元始より終極点に至るまでことごとく連絡あらしめ一物といへども洩らさせたまふことはありませぬ

しかして直接内流とは大神から直ちに全般に御神格の流入するものであり間接内流とは各部との間に神格の流れ通ずるのをいふのです

・・・「人(霊止)還りの道」527編へつづく

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します