「人(霊止)還りの道」476編


時に珍彦さま
奥さまの珍姫さまとあなたさまと
双児のやうによく似た御面相
その理由を一つ説明していただきたいものですなア

夫婦は愛と信との和合によつて成立するものです
いはゆる夫の智性は
妻の意思中に入り
妻の意思は
夫の智性中に深く入り込み
ここに始めて高天原の結婚が行はれるのです
言はば
夫婦同心同体ですから
面貌の相似するは
相応の道理によつて避くべからざる情態です
現界人の結婚は
地位だとか名望だとか
世間の面目だとか
財産の多寡によつて
婚姻を結ぶのですから
いはば虚偽の婚姻です
高天原の婚姻は
すべて霊的婚姻ですから
夫婦は密着不離の情態にあるのです
ゆゑに高天原においては夫婦は二人とせず
一人として数へることになつてゐます
現界のやうに
人口名簿に男子何名
女子何名などの面倒はありませぬ
ただ一人二人といへば
それで一夫婦二夫婦といふことが分るのです
それで高天原において
百人といへば頭が二百あります
これが現界と相違の点ですよ
君民一致
夫婦一体
上下和合の真相は
たうてい高天原でなくては実現することは出来ますまい
御両人様も現界へお下りになつたら
どうか地上の世界をして
幾部分なりとも
天国氣分を造つてもらひたいものですなア

ハイ微力の及ぶかぎり
いないな大神様の御神格によつて吾が身を使つていただきませう
あゝ惟神霊幸倍坐世

・・・「人(霊止)還りの道」477編へつづく

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス

プライバシーポリシー
同意する


  • メール指定受信設定をされている方は satose.jp をドメイン受信設定にしてください
  • プライバシーポリシーに同意するをチェックの上登録ボタンをクリックしてください

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します