人(霊止)還りの道 – 53編

お酒が好きで酔ひ潰れ
酔うた揚句は鉢を破り
戸を蹴破って荒れ狂ひ
乱暴きはまるお振舞

ふるまい酒を飲み過ぎて
体は木像となりかはり
眼玉ばかりをギヨロギヨロと
剥いてござるがいぢらしや

好きなお酒をどつさりと
上つた報いは忽ちに
ま一つ嫌ひな太祝詞
手向けて上げたら眼に涙
滝と流して泣いたあと
きつと嬉しいことがある

荒い心を立替へて
神の心になりかはり
元をただせば皆神の
御子と生れた兄弟よ
天にも地にも世の中に
他人があつて堪らうか

善と悪とを立別ける
神が表に現はれた
ただ何事も人の世は
直日に見直し聞き直し
少しは心を柔らげよ
片意地張るとこの通り
体は石のやうになり
二進も三進も動けまい

神の教を聞き分けて
誠の心に立ち帰れ

ここに精神清々しく
身も軽き心地となるなり

人(霊止)は
真神大神のすべて分霊であり生まれつきの悪人は一人も居ません

人心の弛みにより種々の悪魔に左右されて悪行を為すのであり決して肉体の所作ではありません
すべて皆肉体が悪神に使われてます

真神大神とは
悪魔といえども心を改心すれば御赦しになります

いつでも人(霊止)は
直日に見直し聞き直し宣り直すことが肝要です

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します