人(霊止)還りの道 – 43編

天之御中主神
五十鈴川のス声なる言霊「ス」なり
五大父音「アオウエイ」の素音を天之御中主神と総称す

鳴々而鳴合はざるは「ア」声ぞ
鳴余れるは「ウ」声なり

+++

五大父音「アオウエイ」

父音「ア」
宇比地邇神・須比智邇神
その活動なすは須比智邇神の保てる本能なり

父音「オ」
角杙神・活杙神
その活動するは活杙神の表はす本能なり

父音「ウ」
大戸之道神・大戸之辺神
その活動保つは大戸之辺神の表はす本能なり

父音「エ」
面足神・惶根神
万の物の開くるは阿夜訶志古泥神の本能なり

父音「イ」
伊邪那岐神・伊邪那美神
その活動なすは伊邪那美神の御言の本能なり

+++

咽頭・氣管・肺臓
その活動は国常立神に神言守られるなり

口腔口唇・口蓋
その発音(言霊)は豊雲野神の根本機関なり

日の本の国
その源は五大声の立花(竪端)の父音(ヲド)なり

+++

多陀用弊流国(タダヨエルクニ)
その意義は五大父音の発作なり

久方の天の沼矛
その意義は言葉の節を調ふ舌なり

立花の小戸のあはぎが原に鳴る
その意義は鳴るは天の浮橋なり

塩許袁呂(シホコヲロ)・許袁呂邇画鳴す
その意義はア行「オ」ワ行「ヲ」声なり

数音を総称するを島と謂ふ
その意義は淤能碁呂島は「ヲ」声なり

美斗能麻具波比(ミトノマグハヒ)
その意義はア行「ウ・ア」声を正しく揃ひて結び合ふ変転なり

阿那邇夜志愛上袁登古袁(アナニヤシエエヲトコヲ)
その意義はア行「ウ・ア」声を結びて「ワ」声への変化なり

阿那邇夜志愛上袁登売袁(アナニヤシエエヲトメヲ)
その意義はア行「エ・ア」声を結びて「ヤ」声への変化なり

八尋殿(ヤヒロドノ)
その意義は宇宙に氣体が揃ひ在るなり

太斗麻邇々ト相而詔(フトマニニウラヘテノル)
その意義はア行「ウ」声の活用なり

+++

淡道之穂之狭別島(アハミチノホノサワケジマ)
その意義はア行「ウ」ワ行「ウ」ヤ行「ユ」声より「ム」声に結ぶ言霊なり

隠岐之三子嶋(ヲキノミツゴシマ)
その意義は「ム」声にア行「ウ」ヤ行「ユ」を結びて「フ」声への変化なり

天之忍許呂別(アマノヲシコロワケ)
その意義は「フ」声に天之御柱を結び付け四声「ハ・ホ・フ・へ」への変化なり

筑紫島
その意義は「フ」声にア行「ウ」を結びて「ピ」声への変化なり

「ピ」声の「プ」声にア行「イ・エ・オ・ア」を結びて「ピ・ペ・ポ・パ」に変化為す
「ピ」声への変化は筑紫の国の白日別なり
「ペ」声への変化は豊国豊日別なり
「ポ」声への変化は建日向・日豊久士・比泥別なり
「パ」声への変化は熊曽の国の建日別なり

伊岐嶋・比登都柱(ヒトツハシラ)
その意義は「プ」声にア行「ウ」を結びて「フ」声へし五大父音「ア・オ・ウ・エ・イ」を結びて四声「ハ・ヒ・フ・ヘ・ホ」への変化なり

津嶋天之狭手依比売(ツシマアメノサテヨリヒメ)
その意義は「フ」声にア行「ウ」声を結び「ス」声へと変化し五大父音「ア・オ・ウ・エ・イ」を結びて四声「サ・ソ・ス・セ」への変化なり

佐渡島
その意義は「ス」声にア行「ウ」声を結び「ス」声へと変化し五大父音「ア・オ・ウ・エ・イ」を結びてサ行をザ行への変化なり

大倭秋津嶋(オホヤマトアキツシマ)
その意義は「ニ・リ・チ」への変化なり
「ジ」声とア行「イ」声を結びて「ニ」声への変化なり
「シ」声とア行「イ」声が結びで「リ」声への変化なり
「ヒ」声とア行「イ」声が結びて「チ」声への変化なり

天御虚空豊秋津根別(アメミソラトヨアキツネワケ)
その意義とは「チ・リ・ニ」声に五大父音「ア・オ・ウ・エ・イ」を結びて「タ・ラ・ナ」声への変化なり

吉備児島建日方別(キビコジマタケヒカタワケ)
「チ・ジ」」声を結び「チ」声へと変化し五大父音「ア・オ・ウ・エ・イ」を結ぶ変化なり

小豆島大野手上比売(アヅキシマオホヌデエヒメ)
「ヂ・イ」声を結び「ギ」声へと変化し五大父音「ア・オ・ウ・エ・イ」を結ぶ変化なり

大嶋・大多上麻流別(オホタアマルワケ)
「ギ・イ」声を結び「キ」声ねと変化し五大父音「ア・オ・ウ・エ・イ」を結ぶ変化なり

+++

伊予之国二名島(イヨノクニフタナノシマ)
その意義は身一面而四有(ミヒトツオモヨツアリ)なり

「ム」声にア行「イ」声を結び「ミ」声に変化為す
「ム」声にア行「エ」声を結び「メ」声に変化為す
「ム」声にア行「オ」声を結び「モ」声に変化為す
「ム」声にア行「ア」声を結び「マ」声に変化為す
「ム」声の四声「ミメモマ」声への変化なり

この「ミ」声の活用を
伊予国愛比売(イヨクニエヒメ)と謂すなり

この「メ」声の幸ひを
讃岐飯依比古(サヌキイヒヨリヒコ)と謂すなり

この「モ」声の助けを
阿波国大宜津比売(アハクニオホゲツヒメ)と謂すなり

この「マ」声の照るを
土佐国健依別(トサクニカケヨリワケ)と謂すなり

+++

久美度邇興而子蛭子(クミドニオコシテミコヒルコ)生む

ア行「ウエイ」(父音)
ワ声(母音)

ワウを結び付けワ行「ウ」に変化為す
ワエを結び付けワ行「ヱ」に変化為す
ワイを結び付けワ行「ヰ」に変化為す

ア行「オウエイ」(父音)
ヤ(母音)

ヤオを結び付けヤ行「ヨ」に変化為す
ヤウを結び付けヤ行「ユ」に変化為す
ヤエを結び付けヤ行「エ」に変化為す
ヤイを結び付けヤ行「イ」に変化為す

この言霊の活用を久美度邇興而と称するなり

子蛭子(ミコヒルコ)生むとふ神文は鳴出づる
その意義はア・ワ・ヤ行その声音は異性にして同声音で等しきなり

ア行「イ」=ワ行「ヰ」=ヤ行「イ」
ア行「エ」=ワ行「ヱ」=ヤ行「エ」
ア行「オ」=ワ行「ヲ」

是を子蛭子産むと云うなり

+++

女嶋天一根(ムスメジマママヒトツネ)
その意義はカ行の天地貫通を起こすなり

知訶嶋天之忍男(チカノシマアメノオシヲ)
その意義はガ行の天機活動を起こすなり

両児嶋天両屋(フタゴシマアマノフタヤ)
その意義はダ行の造化発作を起こすなり

+++

先所生大八島国(サキニウミマスオオヤシマグニ)
その意義はワ行とヤ行の言霊なり

ワ行とヤ行
その精神的な活用は以下の通りなり

ワ行「ワヲウヱヰ」大戸日別之神(オホトヒワケノカミ)
ワ行「ヲ」大事忍男之神(オホコトオシヲノカミ)
ワ行「ウ」天之吹男神(アマノフクヲノカミ)
ワ行「ヱ」速秋津彦之神(ハヤアキツヒコノカミ)
ワ行「ヰ」石土毘古(イハツチヒコノカミ)

ヤ行「ヤヨユエイ」大屋毘古之神(オホヤネビコノカミ)
ヤ行「ヨ」風木津別之忍男神(カゼゲツワケノオシヲカミ)
ヤ行「ユ」大綿津見之神(オホワタツミノカミ)
ヤ行「エ」速秋津姫之神(ハヤアキツヒメノカミ)
ヤ行「イ」石巣之比之神(イハスノヒメノカミ)

ワ行とヤ行の十神十声の精神的作用は大八嶋国の活用である世界的経綸の活機を顕わす本能を享有する言霊なり

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します