人(霊止)還りの道 – 428編

数百万年前の太古から
冷え切つた死んだやうな
寂かな月が
大空に独り輝いてゐる

それは
地上の万有に
瑞光を投げて
仁慈の露を
蒼生の上に降し
生命の清水を
与へむがために
和光同塵の
温姿を現じ給ふ

月は盈ち或は虧け
あるひは没して
地上の世界に
明暗の神機を示し
仁慈(ミロク)の神業を
永遠無窮に
営ませ給ふ

人間の眼より
冷然たる月と見ゆるは
温情内包の摂理に
その霊光を隠させ給ひぬ

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します