人(霊止)還りの道 – 37編

<三柱神>
伊弉諾大神「天之御柱神」
伊弉冉大神「国之御柱神」
天照皇大神「撞之御柱神」

三柱神は撞之御柱神を真木柱として八尋殿を見立て給ひて美斗能麻具波比(みとのまぐはひ)の神業を開かせ給ひぬ

美斗能麻具波比とは火と水との息を調節して宇宙万有一切に対して活生命を賦与し給う尊き神業です
水火とは交々相和して小宇宙の大地全体の呼吸を永遠に営んでます

撞之御柱を又の御名を伊吹の御山と云います
撞之御柱の根に清き水を湛えることを天の真名井と云い後の琵琶湖です

天之御柱神は九山八海(はちす)の山を御柱として国之御柱神は塩の八百路(やほぢ)の泡立つ海の鳴門灘をもって胞衣として地上一切の守護を営み給はれてます

また鳴り鳴りて鳴りあまれる
九山八海(つくし)の
火燃輝(ひむか)の
アオウエイ(たちばな)の
緒所(をど)

不二山にして
また鳴り鳴りて鳴り合はざるは
阿波の鳴戸なり

九山八海(つくし)のアオウエイ(たちばな)とは高く九天に突出せる山の意であり蓮華台上の意です

鳴戸は地球上面の海洋の水を地中に間断なく吸収しかつ撒布して地中の洞穴(天の岩戸)の神業を輔佐してます

九山八海は地球の火熱を地球の表面に噴出して寒中寒暑の調節を保ってます

富士(不二)と鳴戸の経綸とは陰陽合致・採長補短の神霊天地経綸の微妙なる御神業の顕われです

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します