「人(霊止)還りの道」15編


小宇宙の三層
大空|中空|大地

大空(太陽・諸星)
中空(太陰・北極星・北斗星・三ツ星)
大地(地球・汐球=地汐+地星)

小宇宙の大地の中心にある地球は北の極に位置します

本来無東西
何処有南北

北とは
氣垂(キタル)・水火垂(イキタル)・呼吸垂(イキタル)の意です
南とは
皆見(ミナミ)えるの意です

地球は円球にあらずして地平なり
眼が円球によりあらゆるモノが円状円球に観じるなり

小宇宙の中空に一定不変の軌道を運行する太陰を月(撞)と云います
そして小宇宙の万物は月の運行に微妙にしてかつ重大なる関係を有します

眼に見える月の上線運行の時を月読命の活動と云います
眼に見えない月の下線運行の時を素戔嗚尊の活動と云います

小宇宙の全体は
紫色を呈していてこれを顕国の御玉(ウツシクニノミタマ)と云います
小宇宙の大空は
紫・赤・青などの薄い霊衣に覆われてます
小宇宙の大地は
黄・浅黄・白などの厚い霊衣に包まれてます

この大宇宙には56億7千万もの小宇宙が存在しています
そして小宇宙は他の小宇宙とそれぞれ霊線をもって蜘蛛の巣のごとく四方八方に連絡し相通じてます

この56億7千万もの小宇宙にはそれぞれに神々が坐されます
しかし私たちが居る小宇宙(太陽系)以外において地球上に棲息するような生物は一切存在して居ません

・・・「人(霊止)還りの道」16編へつづく

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します