「人(霊止)還りの道」347編


<大祓祝詞|解-1>

高天原に神つまります
皇親
神漏岐・神漏美の命もちて
八百万の神達を神集へに集へ賜ひ
神議りに議り玉ひて
我皇孫之命は豊葦原の水穂の国を
安国と平けく所知食と事依し奉りき

<大意>
全大宇宙間には陰陽二系の御神霊が実相充塞しそれは即ち一切万有の父でありまた母である
陰陽二神の神秘的産霊に結果は先づ一切の原動力ともいふべき言霊の発生となつた
いはゆる八百万の天津神の御出現であり御完成である
天界主宰の大神はいふまでもなく天照皇大神様であらせらるるがその次におこる問題は地の世界の統治権の確定である
ここにおいて神廷会議の開催となりその結果は天照大神の御霊統を受けさせられた御方が全世界の救治に当らるることに確定し治国平天下の大道を執行監督さるべき天の使命を帯びさせらるる事になつたのである
無論人間の肉体は世に生死往来するを免れないがその霊魂は昔も今も変はることなく千万世に亘りて無限の寿を保ちて活動さるるのである

+++

高天原(タカアマハラ)
全大宇宙の意であり全大宇宙の大中心地点の意でもあります
いはゆる宇宙に向かつて号令する神界の中府所在地の意義であり地の高天原と称するなどがそれであります
タカアマハラと読みタカマガハラやタカマノハラと読めるのは誤りであり皇典古事記の巻頭の註「訓高下天云阿麻」と明白に示されてます
タ:対照力・進む左・火・東北より鳴る声・父(タタ)
カ:輝く・退く右・水・南西より鳴る声・母(カカ)
ア:現はれ出る
マ:球(タマ)
ハ:開く
ラ:螺旋
小高天原とは一家の神床であり一身の臍下丹田の意です

神つまります(カミツマリマス)
陰陽二元が実相充実した上にも充実する意です
カミは日月・水火・霊体などの意であり陰陽・水火の二元相合して神となります
皇典古事記のいはゆる産霊(ムスビ)とはこの二元の結合を示します
日月地星辰・神人その他宇宙万有一切の発生顕現とはことごとくこの神秘なる産霊の結果でないものはありません
ツマリとは充実の意であり鎮座の意でありません
マスとはましますの意と同じです

皇親(スメラガムツ)
皇(スメラ):澄ますの意であり全世界や全宇宙を清澄することを指します
親(ムツ):ムスビツナラルの意であり連綿として継承さるべき万世一系の御先祖の事です

神魯岐神魯美(カムロギカムロミ)
天地陰陽二系を司る神々の意です
神魯岐は霊系の祖神にして天に属し神魯美は体系の祖神にして地に属します

命以て(ミコトモチテ)
言霊によりての意です
ミコトとは神言であり神命でありすなはち水火の結合により成るところの五十音を示します

声音(コエ)とは心の柄であり心の運用機関であり心の活用の生ずる限りこれを運用する声音がなければなりません
心(霊魂)の活用を分類すると奇魂・荒魂・和魂・幸魂の四魂とこれを統括するところの全霊に分かち得ます
これがいはゆる一霊四魂でありこの根源の一霊四魂を代表する声音は「アオウエイ」の五大父音です
宇宙根本の造化作用とは至祖神の一霊四魂の運用の結果であり至祖神の御活動につれて必然的に「アオウエイ」の五大父音が先づ全大宇宙間に発生しそしてその声音は今日といへども依然として虚空に充ち満ちてゐます

八百万の神達(ヤホヨロヅノカミタチ)
万百(ヤホ):ヤとは人の意でありホとは選良の意です
万(ヨロヅ):沢山・多数の意です

神集へ(カミツドヘ)
神の集会の意であり神廷会議を催す意です

我皇御孫之命(アガスメミマノミコト)
言霊「ア」:天系に属する意です
言霊「ワ」:地系に属する意です
至上人に冠する時に我とはワガではなくアガと云います
皇(スメ):澄まし治めの意です
御(ミ):充つるの意であり円満具足の意です
孫(マ):マコトの子の意であり直系を受けたる至貴の玉体の意です
命(ミコト):体異体別の意であり独立せる人格の意であり前に出でたる命(神言)から発足せる第二の意です

全体は単に御子(ミコ)と云います
しかし元来は霊も体もその根本に遡ればみな祖神の賜であり天地の賜です
ゆゑに皇典では常に敬称を附するをもつて礼となして人には自他の区別は設けられていません

豊葦原の水穂国(トヨアシハラノミヅホノクニ)
全世界すはなち五大洲の意です
日本をさす時は豊葦原の中津国または根別国と区別されます

所知食(シロシメセ)
衣食住の業を安全に示し教ふることの意です

地球とは祖神の御体であり人間は土地の領有権は本来は絶対にありません
これは人体の表面に寄生する極微生物に人体占領の権能がないのと同様です
人(霊止)は神様から土地を預かり神様に代はりてこれを公平無私に使用するまでです
これは領有(ウシハグ)ものは天地の神であり主治者とはあくまでも知ろしめす(シロシメス)であらねばならないからです
国土の占領や地所の独占等とはその根本から天則違反行為であり神政成就の暁にはそれらすべての占領や独占等はすべて無くなります

・・・「人(霊止)還りの道」348編へつづく

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します