人(霊止)還りの道 – 3編

神霊界とは真神・火祖神・水祖神の三位一体で森羅万象天地宇宙を創造し玉われます
真神とは霊力体を以て水火の息を呼吸し無限絶対に生命を保ち宇宙万物生命の源泉となり玉います

<真神|主神/天帝(力)>
「天之御中主大神(大国常立尊)」
→霊徳「天照皇大御神/撞の大御神」

<火祖神(霊)>
「高皇産霊大神」
→国常立神
厳の御魂:霊界人の主

<水祖神(体)>
「神皇産霊大神」
→豊国主尊
瑞の御魂:現界人の主

+++

葦原中津国とは元々は大国主命が武力をもって天下を治められていました
天孫降臨に先立ち神霊天祖は第三回まで天使をお遣しなりましたが遂には武力をもって大国主命の権力を制し給われました
大国主命は力尽き給いて現実界の御政権を天命のままに神霊天祖に奉還し大国主命は青芝垣に隠れて御子の事代主と共に幽界を統治し給うことになりました

天孫降臨とは全地球の現実界を知食す為の御降臨でした
しかし未完成なる世界は増悪・憤怒・怨恨・嫉妬・争闘などあらゆる邪悪が充満する弱肉強食の修羅の巷と化していました
そこで神霊天祖は命を下り給いて地上一切の幽政の御権利を再び国常立尊に御奉還されました

<国常立尊御神政>
国常立尊
八王大神(一世)
八王八頭

<天孫降臨後>
盤古大神
八王大神(二世)
八王八頭

八王大神とは番頭神として全世界を統轄する

八王八頭とは世界の国々の国魂神と番頭神として配置する
八王八頭の八王とは天命による国魂を示す
八王八頭の八頭とは宰相の位置の役を示す

露国にて天地の邪氣が凝り固まり大蛇(八頭八尾)が発生する
この大蛇が世界の国々の国魂神と番頭神の身魂を冒し悪化させて現在に至る

印度にて極陰性の邪氣が凝り固まり悪狐(金毛九尾白面)が発生する
この悪狐が八王八頭の相手方の女に憑りつき現在に至る

猶太にて一つの邪氣が凝り固まって魔鬼(六面八臂)が発生する
この魔鬼は盟主となる為に神界と現実界の組織を打ち毀して全世界を妖魅界にしよう目論み現在に至る

三種の悪神(大蛇・悪狐・魔鬼)は磐古大神を擁立して地上現実界を支配しようと諸々の計画をめぐらしてましたが神界に従順な磐古大神はこれに賛同しない為に三種の悪神は世界の頭目となり赤色旗を押し立てて色々な身魂を眷属として使ながら神界を乗っ取る策を講じました

三種の悪神(大蛇・悪狐・魔鬼)の三つ巴の働きによって世界の国々の八王八頭の統制力がなくなり地上現実界は憤怒・増悪・嫉妬・羨望・争闘などの諸罪悪に充ち満ちて遂には収拾できずに三界(神界・幽界・現実界)の紛乱状態を醸すことになりました

この三界が共に破滅淪亡となるべき時に神霊天祖は命を下し給いて再び国常立尊(艮之金神)をお召出し遊ばされて神界と現実界の建替えの大神業を委任し給われました
そして坤之金神・金勝要神・竜宮乙姫・日出神はこの大神業を輔佐し奉ることになりその他の金神(天狗)はその分担に従い御活動申し上げ白狐は下郎役としてそれぞれ神務に参加されました
更に木花咲耶姫命・彦火々出見命もこの大神業に御手伝い遊ばすことになりました
その他それぞれ因縁のある身魂は神界の修業に参加してこの大神業の端となり奉仕することになりました

国常立尊が完全に地上現実界を御統一するべき神界平定にこれまで幾度となく三種の悪神は霊界と現実界を支配しようと諸々と計画を巡らして来ました

<神界平定(建替え)後>
国常立尊が霊政を総覧し給われます
大国主命が日本神国の霊政をお司り給われます
天津日嗣命が現実界を治め給われます

現在は仮の御息所の蓮華台上に御三体の大神(国常立尊・大国主命・天津日嗣命)が奉られています
御三体の大神が本御息所へ奉ることが出来たならば神界の神霊経綸が一層進んだことになります

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します