「人(霊止)還りの道」332編


現実世界を後にして
天上世界に往き見れば
地上の世界と同様に
東西南北の方位あり
しかして諸の天人は
おのおの住所に異同あり

愛の善徳具へたる
天人住めるは東西位
しかして東方は明瞭に
これをば感じ西方は
おぼろにこれを感ずなり

愛の徳より証覚を
具へて住むは南北位
しかして南方は明瞭に
証覚光を具へたる
天人ばかりこれに住み
また北方はおぼろげに
証覚光を具へたる
天人のみぞこれに住む

主神のいます霊国に
在る天人と天国に
在る天人とみな共に
これの順序を守れども
主の霊国は愛の徳
この徳に依り真光に
従ふものと相異あり

天の御国における愛は
主神に対する愛にして
これより来たる真光は
すなはち無上の証覚ぞ

霊国所在の真愛は
公共に対する愛にして
これをば仁愛(ミロク)と称ふなり

仁愛の真の光明は
神に基づく智慧ぞかし
これの智慧をば信といふ

・・・「人(霊止)還りの道」333編へつづく

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します