人(霊止)還りの道 – 879編

主の神の依さしはおろそかならねども
手を下すべき余地もなきかな

主の神の神宣畏し国魂の
神生まばやと思ふ朝夕

ゆとりなき心を持てる凡神の
醜のさ々やき由々しかりけり

主の神の大経綸を知らずして
我を悪しさまに言ふぞうたてき

主の神の心は深く又広し
小さき神の如何で悟らむ

凡神は浜の真砂の数の如
多く居坐せば詮術もなし

主の神の御心覚る敏き神
少き神世の経綸は苦し

主の神の造り給ひし天界の
清明真悟の神ぞすくなき

主の神の御心覚る敏き神は太陰を機関として御霊を月界に止めて其肉体は高地秀の宮に朝な夕なに仕へまし主の神の経綸を行はむとして彼方此方に教司を分配りて天界に仕へ奉れども厳の御霊の御教を誤信せる凡神は個神的小乗教に傾く神のみ多くして国生み神生みなる天界経綸の御神業を悟らず種々のあらぬことのみ言ひ触らして力限りに妨ぐるぞ是非もなき

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します