人(霊止)還りの道 – 871編

<天之高火男(アメノタカヒヲ)の神>

〇ヽ(ス/主)の大神は高鉾(タカホコ)の神・神鉾(カムホコ)の神に言依さし給ひて高天原(タカアマハラ)を造らせ給ひ南に廻りて中央に集る言霊を生み北に廻りては外を統べる言霊を生み次ぎに東北より廻り給ひて声音の精を発揮し万有の極元となり一切の生らざる処なき力を生み給ふ

此の言霊は自由自在に至大天球の内外悉くを守り涵し給ひ宇宙の水火(イキ)と現れ柱となり八方に伸び極まり滞りなし
八紘を統べ六合を開き本末を貫き無限に澄みきり徹り吹く水火(イキ)吸ふ水火(イキ)の活用によりて八極を統べ給ふ

此の神力を継承して以後の諸神は高天原(タカアマハラ)の中心に収まり紫微宮圏層に居を定め一種の水氣を発射し給ひて雲霧を造りまた火の元子を生み給ひ紫微圏層をして益々清く美はしく澄み徹らしめ給ひ狭依男(サヨリヲ)の神を生み給ひて紫微の霊国を無限に無極に開かせ給ひ茲に清麗無比の神居を開き給ひぬ

狭依男の神の又の御名を「天之高火男(アメノタカヒヲ)の神」と言ふ
何れも「タカアマハラ」の言霊より生りませる大神にして神威嚇々八紘に輝き給ふ

天之高火男(アメノタカヒヲ)の神は天之高地火(アメノタカチホ)の神と共に力を合せ心を一にして「天の世(アマノヨ)」を修理固成し給ひ蒼明圏層に折々下りて天津神の住所を開かむと茲に諸々の星界を生み出で給ひて昼夜間断なく立活き鳴り々て鳴り止まず坐しぬ

天之高火男(アメノタカヒヲ)の神と天之高地火(アメノタカチホ)の神の二神は「タカ」の言霊より天界の諸神を生り出で給ひ荘厳無比なる紫微宮(シビキウ)を造りて〇ヽ(ス/主)の大神の神霊を祀り昼夜敬拝して永遠に鎮まり給ふ
紫微圏界に坐ます万星界の神々は其数日に月に増し行きて数百億の神人を現し此の紫微圏層の霊界建設に奉仕給ふ
これより数百億万年を経て今日に至りたるを思へば宇宙創造の年代の遠き実に呆然たらざるを得ざる次第なり

此の紫微圏層の霊界を称して天極紫微宮界(テンキヨクシビキウカイ)といひ寸時も間断なく「タカ」の言霊輝き東は西に西は東に南は北に北は南に上は下に下は上に鳴り々て鳴り止まざる言霊の元子は終に「七十五声の神々」を生み給ふに至れり

〇ヽ(ス/主)の大神は一点の「ヽ」より現れ給ひて終に大虚空に紫微圏層を完成し次第に五種の圏層を生み給ひて霊国を開き諸神の安住地と成し給ひしぞ畏けれ

嗚呼
言霊の玄妙不可思議力よ

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します