人(霊止)還りの道 – 803編

<神仏無量寿経>

第一神王伊都能売の大神の大威徳と大光明は最尊最貴にして諸神の光明の及ぶところにあらず
あるひは神光の百神の世界あるひは万神の世界を照明するあり
要するに東方日出の神域を照らし南西北四維上下も亦復かくの如し
アゝ盛んなるかな伊都能売と顕現したまふ厳瑞二霊の大霊光この故に天之御中主大神・大国常立大神・天照皇大御神・伊都能売の大神・弥勒大聖御稜威の神・大本大御神・阿弥陀仏・無礙光如来・超日月光仏と尊称し奉る

それ蒼生にしてこの神光に遭ふものは三垢消滅し身意柔軟に歓喜踊躍して愛善の至心を生す
三途勤苦の処にありてこの神の大光明を拝し奉らばいづれも安息を得てまた一つの苦悩無く生前死後を超越し坐しながら安楽境に身を置き天国の生涯を送ることを得べし

この神の大光明は顕赫にして宇内諸神諸仏の国土を照明したまひて聞こえざることなし
ただ吾が今その神光霊明を称へ奉るのみならず一切の諸神諸仏・清徒声聞求道者縁覚諸々の神司・諸々の菩薩衆咸く共に歎称悦服帰順し玉ふこと亦復かくの如し
もし蒼生ありてその光明の稜威と洪徳を聞きて日夜称説し信奉して至心にして断えざれば心意の願ふところに随ひて天国の楽土に復活することを得べし
諸々の神司・菩薩・清徒声聞の大衆のために共に歎誉せられてその洪徳を称へられそのしかる後に成道内覚を得る時にいたり普く三界十方の諸神諸仏・神司・菩薩のためにその光明を歎称せられむこと亦今の如くなるべし
アゝ我が伊都能売の大神の神光霊明の巍々として殊妙なることを説かむに昼夜一劫すとも尚未だ尽すこと能はず
爾今の諸天人および後世の人びと神明仏陀の神教経語を得て当につらつら之を思惟しよく其の中において心魂を端し行為を正しうせよ
瑞主聖王愛善の徳を修してその下万民を率ひうたた相神令しておのおの自ら正しく守り聖者を尊び善徳者を敬ひ仁慈博愛にして聖語神教を遵奉し敢て虧負することなくまさに渡世を求めて生死衆悪の根源を抜断すべし
まさに天の八衢・三途無限の憂畏苦痛の逆道を離脱すべし

爾等是において広く愛善の徳本を植ゑ慈恩を布き仁恵を施こして神禁道制を犯すこと無く忍辱精進にして心魂を帰一し智慧証覚をもつて衆生を教化し徳を治め善を行ひ心魂を浄め意志を正しうして斎戒清浄なること一日一夜なれば則ち無量寿の天国に在りて愛善の徳を治むること百年なるに勝れり
いかんとなれば彼の神仏の国土には無為自然に皆衆善大徳を積みて毫末の不善不徳だも無ければなり
此において善徳を修め信真に住すること十日十夜なれば天国浄土において愛善の徳に住し信真の光明に浴すること千年の日月に勝れり
それ故如何となれば天国浄土には善者多く不善者少なく智慧証覚に充たされ造悪の余地存せざればなり
ただ自然界即ち現界のみ悪業多くして惟神の大道に背反し勤苦して求慾し転た相欺き心魂疲れ形体困しみ苦水を呑み毒泉を汲み害食を喰ひかくの如く怱務して未だ嘗て寧息すること無し

我爾等蒼生の悲境苦涯を哀れみ苦心惨憺誨諭して教へて善道を修めしめ器に応じて開導し神教経語を授与するに承用せざることなく意志の願ふところに在りて悉皆得道せしむ
聖神仏陀の遊履するところ国邑丘聚化を蒙らざることなし
天下和順し日月精明・五風十雨・時に順ひ十愁八歎なく国土豊かにして民衆安穏なり
善徳を崇び仁恵を興し努めて礼譲を修む

我爾等諸天および地上蒼生を哀愍すること父母のごとく愛念旺盛にして無限なり
今我この世間において伊都能売の神となり仏陀と現じ基督と化りメシヤと成りて五悪を降下し五痛を消除し五焼を絶滅し善徳を以て悪逆を改めしめ生死の苦患を抜除し五徳を獲せしめ無為の安息に昇らしめむとす
瑞霊世を去りて後聖道漸く滅ぼせば蒼生諂偽にして復衆悪を為し五痛五焼還りて前の法のごとく久しきを経て後転た劇烈なるべし
悉く説くべからず
吾は唯衆生一切のために略して之を言ふのみ

爾等各善く之を思ひ転た相教誨し聖神教語を遵奉して敢えて犯すことなかれ
あゝ惟神霊幸倍坐世

伊都能売の大神
謹請再拝

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します