「人(霊止)還りの道」229編


真心とは天地の先祖の大神の大精神に合致したる清浄心です

至仁至愛にして万事に心を配り意を注ぎ
善事に会ふも凶事に遇ふも
大山の泰然として動かざるごとく
微軀つかず
焦慮らず
物質欲に淡泊く
心神を安静に保ち
何事も天意をもつて本となし
人と争はずよく耐へ忍び
宇宙万有一切を吾が身魂の所有となし
春夏秋
昼夜
風雨
雷電
霜雪
いづれも言霊の御稜威に服従するまでにいたらば
はじめて神心を発揚し得るなり

小三災(饑・病・戦)
大三災(風・水・火)
いかなる艱苦の淵に沈む時ありとも介意せず
幸運に向かふも油断せず
生死一如と心得れ
生死に対しては昼夜の往来をみるがごとく
世事一切を神明の御心に任せ
好みなく
憎みなく
義をみては進み
利をみて心を悩まさず
心魂常に安静にして人事をみること
流水のごとく天地の自然を楽しみ
小我を棄て大我に合し
才智に頼らず
天の時に応じ
神意にしたがひ
天下公共のために舎身の活動をなし
万難に墝まず屈せず
善を思ひ
善を行ひ
奇魂の真智を照らして大人の行ひを備へ
物をもつて物を見きはめ
他人の自己に等しからむことを欲せず
心中常に蒼空のごとく海洋のごとく
二六時中意思内にのみ向かひ
自己の独り知るところを慎み
その力量才覚を人に知られむことを望まず
天地の大道にしたがつて世に処し
善言美辞を用ゐ
光風霽月
少しの遅滞なく
神明の代表者たる品位を保ち
自然にして世界を輝かし
心神虚しくして一点の私心なきとき
その胸中に永遠無窮の神国あり

・・・「人(霊止)還りの道」230編へつづく

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します