「人(霊止)還りの道」217編


朝日は照るとも曇るとも
月は盈つとも虧くるとも
たとへ大地は沈むとも
誠の力は世を救ふ

黄金の玉の如意宝珠
黄金の玉の五つ霊
三つと五つとの睦み合ひ
ここにいよいよ三五の
神の教は輝り渡る

三五の月照彦の神
思ひもここに足真彦
教は四方に弘子彦の
神の命の現はれて
悪しき病も少名彦

いよいよ神の御光も
高照姫や純世姫
真澄の姫の鑑なす
尊き教も竜世姫
御代も豊かに国常立の
神の命や豊国姫の
瑞の霊魂のお喜悦

埴安彦や埴安姫の
清き御魂も勇み立ち
天津神たち八百万
国津神たち八百万
これの聖地に神集ひ
今日の生日の喜悦を
祝ぎたまふ嬉しさよ

世は久方の空高く
天津日嗣の永久に
動かぬ御代と守りませ
円山姫の守られし
黄金の玉は恙なく
五六七神政の神業の
光と現はれ給ふらむ

勇めよ勇め諸人よ
人が勇めば神勇む
御神もともに喜びて
堅磐常磐に何時までも
栄えませよと祈りつつ
日の出神や日の出別
木の花姫のお活動
天地の神も三五の
教の司も信徒も
歓ぎ喜び舞ひ遊ぶ

鶴の齢の末長く
亀万歳の永久に
守らせ給ふこの教
あゝ惟神・惟神

・・・「人(霊止)還りの道」218編へつづく

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します