「琉球古神道と熊野信仰と水蛭子」


沖縄に現存する神社の多くは紀州熊野からの分社です
沖縄は琉球王朝の治めた国で古くから海の彼方の海神へのニライカナイ・ビジュル(霊石)信仰・女神伝説など島全体に固有の古信仰が今もなお色濃く残っています
もともと島にあった琉球古神道が数百年前に伝わった熊野信仰と混ざりあって沖縄独特の信仰文化を創り上げてきたと云われてます
琉球八社とよばれる古社を有する沖縄本島は石垣島とともに熊野信仰の最南端の聖地だと伝えられてます

+++

「琉球の熊野信仰」
沖縄本島には琉球八社として古くから知られる神社があります
権現を称し近代初頭の神仏分離に至るまで真言宗寺院と一体の典型的な神仏習合思想に基づいた聖地でありました

<八社および寺院>

那覇市
波上宮・護国寺・沖宮・臨海寺・天久宮・聖現寺・八幡宮・神徳寺・識名宮・神応寺・末吉宮・遍照寺

宜野湾市
普天間宮・神宮寺

国頭郡金武町
金武宮・観音寺

八幡宮以外の7箇所までが熊野信仰の霊場でありその多くが洞窟を伴っていることに特徴があります
洞窟とは他界への入口という観念があります

伝統的に沖縄の文化圏に含まれていた奄美の徳之島にも洞窟に宗教的な性格が与えられた喜念権現と云う神社があります
日本本土の修験道関係の霊場にも洞窟が多々あります

琉球神道記には八社のうち金武宮以外の七権現について「当国大社七処アリ 六処は倭ノ熊野権現 一処ハ八幡大菩薩ナリ」と記されてます

+++

「補陀落渡海(ふだらくとかい)僧」
琉球神道記の末吉権現事には日本本土へ修行に行った鶴翁による勧請という記載があります
補陀落渡海(ふだらくとかい)を志しインドの南にあると云われた観音浄土(補陀落山)へ往生しようと云う捨身行信仰と云うものがありました

琉球国由来記には日本本土の僧侶である日秀は補陀落山を目指したものの結局は琉球にたどり着いて観音寺を開いたと記されてます
補陀落渡海の拠点となったのは熊野那智山や室戸岬・足摺岬などです

+++

記紀では水蛭子(ひるこ)は流されて終わってます
しかし琉球神道記では水蛭子は龍宮に流されて生きて7・8歳の時に背骨が出来て人の体が完成して帰って来たと記されてます
琉球神道記では水蛭子は龍宮で無事に成長しその後も活躍したと云うことです

水蛭子=熊野神

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します