天表春命・天下春命(ウワハル・シタハル)

「天表春命・天下春命(ウワハル・シタハル)」
先代旧事本紀(天神本紀)によると両神は共に八意思兼神の御子神「饒速日命」が天磐船に乗って天降った時に護衛として随従した32柱の神の2柱です
天表春命(あめのうわはるのみこと)は信乃阿智祝部(しなののあちのほうりべ)等の先祖と伝えられていて天上春命とも記述されてます
天下春命(あめのしたはるのみこと)は天表春命の弟神で知々夫国造(ちちぶのくにのみやつこ)の先祖と伝えられていて大伴部氏の祖とも云われてます

高橋氏文に「知々夫(秩父)国造の上祖 天上腹 天下腹人」に関わる人名はこの両神に関係があると云われてます

天表春命は開拓の神として阿智神社(長野県下伊那郡阿智村)や戸隠神社宝光社(長野県長野市)などに祀られてます
天下春命は開墾の神として小野神社(東京都多摩市)や小野神社(府中市)などに祀られてます

+++

「和歌の祖|ヒルコ姫」
天地のひらけ初まりける時よりいでにけり
しかあれども世に伝はることは久方の天にしてはシタテル姫に始まり
あらかねの地にしてはスサノヲの尊よりぞ起こりける

「ヒルコ」
別名:ワカ姫・下照姫
稚日女尊・稚日靈女尊・丹生都比賣大神の御歳神です
日本開拓の始祖イザナギ・イザナミの第1子でアマテル・ツクヨミ・スサノオの姉です

「和歌」
ワカ姫の歌が約まったものであるとホツマツタエに記されてます
ワカ姫の歌はイナゴ祓いの歌に見られるように物理的な効果を伴い和歌は陰陽師と同じようにまじないであったと伝えられてます
アチヒコ(オモイカネ)はタカミムスビ家の出身でありワカ姫はアチヒコとヲウミのヤスカワで暮らしたと伝えられてます

「ワカ比売|4人の子」
タチカラヲ(手力雄神)
イキシニホ(伊岐志邇保命)
ウワハル(天表春命)
シタハル(天下春命)

+++

オモイカネの名はワカ姫の思いかねてからきている呼び名であると云われてます
オモイカネは晩年にヱナガタケがあるシナノに移住されました
恵那山は阿智村より西に位置していて長野県と岐阜県の境にある山でヲシテ文献にアマテルカミの胞衣(ヱナ)を納めたヱナガタケと記述されてます

「ヱナ」
母体と胎児を結びつけていたものでアマテルのヱナはマトカなタマゴの形でアマテルを守ったと伝えられてます
ヱナが生まれた所からネ(北)あるいは山の峯に納めるとタマのヲを守ってくれると云う富士山南麓から見て北のエナガタケにアマテルのヱナを納めたと伝えられてます
現在も恵那山には天照大神の胞衣(えな/へその緒のこと)を納めた地であり かつては恵那山自体が御神体であったと云う伝承が残されてます

ヱナガタケにまつわるヲシテ文献には皇孫ニニキネとコノハナサクヤ姫との間に三つ子の皇子が生まれた時

シナノヨリ
ヨシナアガタノ
ヌシキタリ

シナノの4人のアガタヌシがニニキネのハラミの宮に三つ子のヱナを祭らせて頂きたいと請うて参られた時にハニシナヌシにはヱナガタケを祭らせました
ハヱシナヌシ・サラシナヌシ・ツマシナヌシの3人には三つ子の胞衣を山の峯に祭らせました
よしなに計らうの語源になったと伝えられてます

+++

オモイカネはシナノイナホラで入寂された時アチノカミと諡号(おくり名)を変えました
阿智神社奥宮は前宮より阿智川に沿って上ることおよそ2粁の本谷川と黒川が合流して阿知川となる三角に突出した半島状の先端部にあります

鈴木慧星 SUZUKI Satose
Shamanism Consulting.

略歴経歴

t  f  g  m

関連記事一覧

鈴木慧星 BLOG の知的財産権・プライバシー権・肖像権・パブリシティー権等その他の権利または利益を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG ではソーシャルメディアサービスに関するポリシーと利用規約ならびにルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します