「人(霊止)還りの道」49編

この秋は水か嵐か知らねども 今日のつとめに田草とるなり 明日の天氣は自由にならず 今日の務めを今日するべし 時節には神も叶いません 皆一同が改心しなければ清い者までもが巻き添えに遇わされ共倒れになります 一致和合して信心 … 続きを読む 「人(霊止)還りの道」49編

「人(霊止)還りの道」48編

神の道を説く者 神の教を説く者 その効果が挙がらずはすべて自惚れ強き力弱き心暗き霊眼盲目なり 霊眼盲目にして一生懸命に心を尽くし身を尽くし真神大神の御用を努めたるつもりで真神大神の邪魔ばかり 今更のごとく改悟せよ 聖きに … 続きを読む 「人(霊止)還りの道」48編

「人(霊止)還りの道」47編

神の道は人(霊止)の知識や考慮をもって伝ふべきものにあらず 真神大神は人(霊止)の口を籍りて甚深微妙の教理を説示したまうなり 真神大神とは 至善・至美・至仁・至愛の御方であり悪を憎み無慈悲を御嫌い遊ばします いかに立派な … 続きを読む 「人(霊止)還りの道」47編

「人(霊止)還りの道」46編

世の中には善神と悪神が存在します 世の中の善神一に対し悪神とは九百九十九の割合です 一定の仕事や事業もせずに世界中をぶらついて名所旧蹟などを勝手氣ままに飛び歩き鼻唄でもうたって氣楽にこの世を渡る利己主義的人間とは苦労知ら … 続きを読む 「人(霊止)還りの道」46編

「人(霊止)還りの道」45編

この世界は 悪魔が隙を附け狙ふてをるから 腹帯をゆるめぬやうに致されよ 悪鬼邪神の霊魂とは宇宙の大変動に対してはイモリ・ミミズのごとく身を潜めそして神威の赫灼に畏縮しその影を潜めてます しかし人心が世の泰平に馴れて油断が … 続きを読む 「人(霊止)還りの道」45編