「人(霊止)還りの道」727編

聖降誕の寺院の東南の方少し隔たつて「乳の洞窟」といふのがある これもチヤペルになつてゐて入口の上に聖母が幼児キリストに乳を呑ませてゐる立像が置かれてある 伝説に由ればこのチヤペルの洞窟には聖母の乳の滴りが今でも洞窟の石灰 … 続きを読む 「人(霊止)還りの道」727編

「人(霊止)還りの道」726編

救世主を現はしたパレスチナの聖地は偉大である いな荘厳味が津々と湧くやうである この聖地には近代的の教会やホスピスや僧院が諸所に沢山建つてをりまだ古いユダヤ人街が彼方こちらに残つてをるのでそこを通行する度ごとにキリストの … 続きを読む 「人(霊止)還りの道」726編

「人(霊止)還りの道」725編

ラケルの墓は道端の小さい近代的の建築物でありますがそこにヤコブが愛妻の亡骸を葬つたと伝へられてをります それよりも美しい物語ののこつてゐるのはダビテの泉です ある時ダビテが敵軍に取り囲まれ疲れ果てて彼の故郷なるベツレヘム … 続きを読む 「人(霊止)還りの道」725編

「人(霊止)還りの道」724編

ゲヘンナの谷はエルサレムの市の西南にあつて北はシオンの山で南は岡でもつて区画された細長い谷である ここは昔ユダヤとベニヤミン族の境になつてゐてソロモン以後ここで恐ろしい人の犠牲が行はれたがその後は屍体や市の汚穢物を捨てる … 続きを読む 「人(霊止)還りの道」724編

「人(霊止)還りの道」723編

エルサレムの市内で一番重要なモニユメントになつてゐる聖セバルタン寺院の西端の神殿の広場のふもとの丈の高い壁なるユダヤ人慟哭の壁ではユダヤ人は滅亡したエルサレムのために声をかぎり号泣しいつも幾何かのユダヤ人がここへ出て来て … 続きを読む 「人(霊止)還りの道」723編