「高麗神社・駒形神社」


鈴木慧星による八百萬の神々の神上(昇天)の神事を一部ご紹介してます
今回は以下の2社の「神上|昇天」を執り行いました

+++

高麗神社 (こまじんじゃ)
「高麗神社 (こまじんじゃ)」

埼玉県日高市に鎮座する神社

》地図→|こちら

高麗神社の主祭神はかつて朝鮮半島北部に栄えた高句麗からの渡来人高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)

王は他に「こしき」「こにしき」「こにきし」など最盛期は5世紀の広開土王(こうかいどおう)・長寿王(ちょうじゅおう)の治世の100年間で中華人民共和国吉林省集安県にある広開土王碑からそのころの高句麗の強勢ぶりをうかがうことができます

若光が渡来した年代についての社伝はありませんが日本書紀には天智天皇称制5年(666年)10月高句麗から派遣された使節の中に若光の名があります
続日本紀には文武天皇大宝3年(703年)に「従五位下高麗若光に王の姓を賜う」と記されており高句麗が668年に唐と新羅によって滅ぼされてしまったことを考えると日本書紀にある若光と当社の御祭神である高麗王若光は同一人物とおもわれます

若光は元正天皇霊亀2年(716年)武蔵国に新設された高麗郡の首長として当地に赴任してきました
当時の高麗郡は未開の原野であったといわれ若光は駿河(静岡)甲斐(山梨)相模(神奈川)上総・下総(千葉)常陸(茨城)下野(栃木)の各地から移り住んだ高麗人(高句麗人)1799人とともに当地の開拓に当たりました
若光が当地で没した後に高麗郡民はその徳を偲び御霊を高麗明神として祀りました
高麗神社は若光の子孫が代々宮司を務め現宮司は60代目になります

高麗郡は明治29年(1896年)入間郡に合併されましたが当社はその後も広く崇敬を受けてまいりました
特に浜口雄幸氏・若槻禮次郎氏・斉藤実氏・小磯国昭氏・幣原喜重郎氏・鳩山一郎氏らが当社参拝後相次いで総理大臣となったことから出世明神と広く知られるようにもなりました

将軍標(しょうぐんひょう・チャンスン)は朝鮮半島の古い風習で村の入り口に魔除けのために建てられたものです

+++

駒形神社(こまがたじんじゃ)
「駒形神社(こまがたじんじゃ)」

<御祭神>
誉田別命(ほんたわけのみこと)
息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)
高良玉垂命(こうらたまたるのみこと)

》地図→|こちら

小畔川上流の高萩の地に鎮座する当社は高麗王若光により霊亀二年(西暦716年)に創建された社でおると伝えられています

社記によれば若光は郡を開くにあたりまず猿田彦命と武内宿禰命の二柱を祀り次いで居住地の東方に設けた釘貫門(くぎぬきもん)の近くを卜して保喰命(うけもちのみこと)・天石戸別命(あまいわとわけのみこと)・日本武尊(やまとたける)の三神を祀ったと記しこれを当社の創始としています

この伝説に語られる釘貫門については神社近くに今も釘貫と云う地名が残りまた駒形は高麗方に通じるとも云われることから当社の創建と高句麗人とは深いかかわりがあります
釘貫とは現在の武蔵高萩駅を指します

風土記稿は当社について「天神地祇日本武尊を祭ると云 神体は駒に乗りし銅の像なりしが いつの頃にや失いて 今は駒のみ在りせり云々」と載せています

今ではその馬もなく祭神も誉田別命(ほんたわけのみこと)=応神天皇・息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)=神功皇后・高良玉垂命(こうらたまたるのみこと)の三柱に改められています

関連記事一覧

無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

ブログポリシー

鈴木慧星 BLOG の知的財産権および財産・プライバシー・肖像権等その他の権利を侵害する行為等を一切禁止します

鈴木慧星 BLOG へのソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します