「祈りの力」


いのりとは「祈り」であり「意宣り」でもあります
祈りの力にはあらゆる自己の望みを現実化する強力な力があります
祈りの力とは自分自身の意識の決意を宣言することを云います
目の前の現実はいつかの自分自身が望んだ顕れであり目の前の現実を余すことなくすべてまるごと受け入れることが「祈りの力」をさらに強く感じることができます
祈りとは「神頼み」ではなく「神試し」である要因の顕れです
多くの方の祈りの力とは「神頼み」です

「神頼み」
神へ頼むことでありそれは神への依存となり依存とは自己の望みを現実化するために奪う意図をもった行為です
そして自己が望まない現実に対して焦りや不安・怒りを自己の中にうみ出し最終的には神に対する恨みつらみへと変化していきます
所謂逆恨みです

「神試し」
神より与えられし目の前の現実を余すことなくすべてまるごと受け入れ受けとることで自己の氣づきとなり一つ一つすべて余すことなくその現実を自己のこととして引き受け自己を癒し改めることから本当に自己が望む現実化へと導かれます

ある同じような望みをAさんとBさんが望んでいたとします
Aさんは霊符を使用して自己の望みを現実化するために日々の祈りをおこないその望みがすぐに現実化しました
Bさんも霊符を使用して自己の望みを現実化するために日々の祈りをおこないましたが自己が望む現実では無い現実となりました
このAさんとBさんの結果の違いには祈りの力を「神頼み」と「神試し」として捉えておこなっていたことで現実化に違いがでました

自分自身が神へ本氣で祈り祈りこんだ後に起こる目の前の現実をすべて余すことなく自己のこととして受け入れ受けとり自己を癒し改める連続が自己の望みを最速最短で現実化とする方法でありそれが「祈りの力」です
自己の目の前のあらゆる現実について原因や要因などを詮索したり模索することは自己の祈りの力を弱めることになります
祈りの力とはすべての人が生まれながらにして神より与えられている最大の力です
祈りの力を使って自己の人生を創造していくことは「神頼み」ではなく「神試し」であり大いなる自己への氣づきの廸(みち)です
改めて自己の「祈りの力」を信じて信じ切って本氣で深く祈り祈りづつけることで目の前で起こる現実に対してすべてを余すことなく感謝と祝福をもって受け入れ受けとり引き受けて自己を癒し改め続けることが自己の「祈りの力」を格段に上げていくことになります

祈りの力をさらに磨いていきましょう

+++

願意成就は自己の素直な祈りの力より顕現化されます
願意成就のためにこれまで多くの方が神域での祈りを捧げられてきたかと思います
天意天啓とは時に願意や課題や問題などとしてその人の目の前に顕れ個々の御魂と神霊とをむすぶ稀なる天機のときであり神域より呼ばれてます
これは神頼みでもあり神試しでもあります
目の前の状況や自己の感情を手放し素直で純粋無垢な心と御魂からその神域へと参り素直で純粋無垢な心と御魂から祈り捧げることで天意を丸ごと受けとることができます
これが天命を生きると云うことであり黄泉がえりであり蘇えりです
あらたまの心となって自我を手放し神霊からの天意天啓を丸ごと受けとり創造の流れに自己を委ねるとき無字の行から天命を生きれる運氣となります


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します