「ノーシス|性エネルギー昇華法」


「ノーシス」
知識・認識を意味します
ギリシア語:νωσις (ラテン文字転写:gnosis) に由来します

ノーシスは一般的には「グノーシス」と表記され西欧ルネサンス期以降は様々な神秘思想・魔術思想・オカルト思想・フリーメイソンの秘教思想などを示す言葉として使われてきました
そしてエゴ根絶と心理浄化を通じ魂の救済のために利用する「性エネルギー昇華秘法」をはじめとする実践的「タントラ」などを教えました

「ノーシスの基本理念」
エゴの根絶
性エネルギー昇華
人類への献身
この3つが要約されてます

+++

「性エネルギー昇華法」
人はこの世に生を受けた日から何らかの形で性プロセスとつながりを持って生きてます
特に思春期以後の人生では性を中心として展開すると云っても過言ではありません
人の内部から湧き出るこの驚くへき性線るぎーの力はその人の人生の方向を決定させすべての活動を成功へと導く源泉となります
しかし現在の性エネルギーとは快楽的・官能的なものをすぐに連想させられるほど性に対する視野は限られ消費社会の世の中では人目を引きつける性的イメージが潜在意識へと知らず知らずに商品(サービス)を買うと云う状況をつくり出してます

人の性エネルギーとは生殖エネルギーだけてはなく創造エネルギーを持ち合わせてます
そして性エネルギーである精氣とは人の内なる創造するパワーでもあります

男性は13・14歳頃になると声変りがありこれは性ホルモンの働きによる外的二次性徴の顕れです

女性は肉体に変化が起こり異性への磁場の陽極は陰極に陰極は陽極へと強く引きつけられる衝動を感じ始めます

共にこれは人の内にある磁力・磁氣エネルギーから起こります

性エネルギーとは抑えきれないパワーとなりありとあらゆる口実を使って満たされることを求め欲求しそして突き動かします
しかしそのパワーは一時的なものです
そして一度満足が得られるとそのパワーは渇望しあっという間に消えます

愛とはあらゆる力の源泉になりますが性的欲求とは破滅をもたらします
人が生まれる時にはある一定量の生殖細胞が必要となります
これらの生殖細胞は次々に分裂して増殖して精管を上昇し前立腺で内分泌液と混合し精液となり創造エネルギーになります

男性の体内では約40歳ぐらいまではテストステロンと呼ばれるホルモンが分泌されその分泌が終わる年齢には個人差がありますがホルモンの分泌が無くなると肉体の衰退がはじまり死に至るまでそれは続きます

女性の体内では男性と似たようなプロセスがあり一般的に生まれた時には約50万個の卵胞を持っていて一生のうちに排卵する数は約400個ぐらいで残りは体内に再吸収されるものでもなく受精するものでもなく体外に捨てられメノポース(月経閉止)に至り老いが始まります

眉間の奥には性腺と密接につながっている脳下垂体と呼ばれる小さな内分泌腺司令室があります
この内分泌腺司令室では性的興奮を感じるたびにエストロゲン・プロゲステロン(黄体ホルモン)又はテストステロンの分泌を促します
これは脳と性が相互関係を持っているからです
そして更に有機体全体がホルモンの分泌によって調整されていて性エネルギーはホルモンとして人の体形・筋肉・体毛などの二次性徴以外に血液型・血の洗浄にも影響を及ぼします

カレッツァと呼ばれる性関係システムがあります
これは性エネルギーを消耗することなく性的な交わりを持つと云う方法をもとにした科学的・医学的調査です
実際にこの実験に参加したカップルたちは健康面や創造性発揮面で実に有益な体験をしています
さらに老人に性腺を移植することで驚くほどの速さで若返りの結果も出ています
男性は一度の射精で約4億~6億の数の精子を放出します
その中の1つが卵子と結ばれ人が生まれます
そして残りの何倍もの精子細胞は体外に捨てられます
これにより4億~6億の細胞エネルギーを失うことになります
これだけの細胞エネルギーを体外排出せずに体内に再吸収するホルモンのフィードバックをすることで性エネルギー(精氣)は男性の体内において内分泌腺の栄養とするだけでなく多くの生命エネルギーの消耗をも食い止めることが出来ます
女性の場合のエネルギー消耗に関しては男性ほど重大ではなく統計によると性交時に約30%の女性のみがオルガズムに達すると云われてます
そして男性ほどのエネルギー消耗は無いですが性エネルギー昇華法を行わないと女性の性エネルギーの大部分はホルモンとして下腹部に蓄積され再吸収されずそして生かされることはありません

「性エネルギー昇華法の基礎」
決して性エネルギーを消耗しないことです
特に男性は射精をしてオルガズムに達せずにホルモンのフィードバックによって体内で昇華する方法です
そして男女ともに性エネルギーを脊柱から内分泌腺に通じる神経網へと昇華させそして性エネルギーが脳にまで至りそれにより脳細胞の血液循環を促進させ更には思考力を増すことから神秘的な力が生じます
この昇華された性エネルギーが脳を満たした後にハートに降りて人の内側に本当の愛を目覚めさせて同時に精神的機能が活動し始めます
この方法により性エネルギーと脳と心を結び付いて肉体的・精神的バランスが調和します
エジプトのファラオ・ローマ法王司祭たちや七福神の1人福禄寿などが持つ「杖の形」には性エネルギーが脊柱を上昇して脳とハートを満たすエネルギーの流れを示す秘法を会得した者であることを証を象徴しています
性エネルギーの昇華法が完全になされると人類の歴史の中で名を残す偉大なイニシュート(奥儀に通じた者)たちがつくった永遠の霊体すなわち魂を覆う純金(太陽エネルギー)で満ちた霊体をつくることが可能になります
性エネルギーのホルモン主成分である水素とは高温になるとヘリウムに原子転換します
それ故に性エネルギーのホルモンは有機体内の高温の磁氣によって昇華されより洗練された成分に変換されます

「へリウム=金の粒子」
霊体をつくるための原料となっていてそして性エネルギーの昇華は超人への原動力になります
性エネルギーとは人が幽体離脱に使う乗り物であるアストラル体を含めた霊体とも密接な関連を持ってます


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します