「星型|マカバスター/マルカバスター」


「マカバ」
古代語で「肉体と魂とが相互に関係し合う」ことを意味するとされマカバスター(マルカバスター)として強いお守りとしてのヒーリングアイテムとして知られてます
そして形は星型八面体と星型十二面体です

「星型八面体」
正四面体を二つ重ね合わせた立体「ステラ・オクタンギュラ」と云います
正面から見るとヘキサグラム(六芒星)・ダビデの星と同じ形をしてます

「星型十二面体」
ヘキサグラム(六芒星)ダビデの星 と更にペンタグラム(五芒星) の両方の語りをしていて別名「アステロイド」とも云います

+++

これまですべての面が同一の正多角形で構成されている立体である正多面体は5つしか知られていませんでした
1619年にケプラーは正十二面体と正二十面体の辺を星型化することにより2つの星型正多面体を発見しました
小星型十二面体
大星型十二面体
その後1809年にポアンソがその双対多面体である大十二面体と大二十面体の2種類を発見しました
そして1811年に星型正多面体は全部で4種類ですべてということがオーギュスタン=ルイ・コーシーによって証明されました

小星型十二面体と大星型十二面体を「ケプラー多面体」と云います
大十二面体と大二十面体を「ポアンソ多面体」と云います

+++

「六芒星」
火と水
肉体と魂
男性と女性
物質と霊性
能動と受動
など相対するものの統合と調和そして新たな力の創造を象徴しています

「五芒星」
星型で古くからさまざまな信仰や呪術の象徴や魔除け・魔術・錬金術などとして古来より世界中で使われてきた形です
そして形そのものに大きな神力が宿ると伝えられています
それまで道具やさまざまな神秘の象徴として使われてきました

+++

マカバはインドでは「ヤントラ」の中央に描いて宇宙を顕しています
そして西洋錬金術では「賢者の石」の象徴とされています
更に日本では「籠目紋」として知られ伊勢神宮にも豊受紋として刻まれています

「ヤントラ」
サンスクリット語でマントラの神聖な図形を顕します
身の回りの環境に置くことでマントラのエネルギーが呼び覚まされエネルギーは環境を浄化しポジティブな活力を注入されると云われてます
そしてヤントラは人々の祈りを一層強いものとして意識(マインド)を集中させて強力なものにしその祈りは神々により早く届くと云われてます
更にマントラを正しい発音で唱えることができない時にもヤントラは大いに役立ちます
これはヤントラ自体が願望を集中させ望ましい結果をもたらす意識(マインド)へと心のパターンを変え繁栄や豊かさと云ったあらゆる幸運を引き付けると云われているからです

「賢者の石」
中世ヨーロッパの錬金術師が鉛などの卑金属を金に変える際の触媒となると考えた霊薬であり人間に不老不死の永遠の生命を与える「エリクサー」であると云われてます

「籠目紋」
籠目を模した連続文様は魔除けの効果があると云われてます

+++

「マカバスター(マルカバスター)」
世界各地で意味はさまざまに変化していますがすべてが世界の構造・全体の調和や隠された本来の力・神秘性などを顕してます
そして天然水晶のマカバスターを手にした人にとって大きな意味を持つ素晴らしいパートナーストーンとなることでしょう
特に星型十二面体の天然水晶のアステロイドは入手がとても困難です


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

Y!トラベル

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します